« 日本の常識はどこまで通じる? | Main | あなたの仕事が中国人に奪われる? »

オフショア開発の発注形態

日本の立場から中国オフショア開発を考えたとき、中国ベンダへの発注形態は大きく二つに大別される。

1.自社から直接中国ベンダへ発注
2.国内の協力会社を経由して間接的に中国ベンダに発注

●発注形態を使い分ける

1.直接発注形態

自社が中国ベンダと直接契約する形態はさらに3つに分類される。

・ブリッジSE配置型
・コーディネータ配置型
・直接対応型

当社が推薦するのは、2番目のコーディネータ配置型である。

2.間接発注形態

協力会社を経由する形態も3つに分類できる。

・中国ベンダの日本支社を活用
・中国ベンダを子会社として持つ日本企業と連携
・中国と資本関係を持たない協力会社を活用

間接発注では、2つの取引形態(契約)に大別される。

・協力会社と中国ベンダが2社間取引
・自社も交えて3社間取引

●メリット/デメリット

中国オフショア開発には、直接と間接の二つの発注形態がある。それぞれのメリット、デメリットを理解して、プロジェクトの条件にあった適切な選択を行おう。

直接発注
<メリット>
・低コスト
・ノウハウ蓄積
・中国進出への足がかり

<デメリット>
・発注責任、リスク、作業負担を負う
・設計/テストに責任
・人員・リソース確保
・仕様管理
・品質管理
・輸出管理

間接発注
<メリット>
・負担軽減
・リスク回避

<デメリット>
・協力会社の力量に大きく依存
・下請構造によるコスト増
・空洞化


中国人ブリッジSE配置
<メリット>
・言葉や文化の壁を吸収
・中国側のコミュニケーション負担低減

<デメリット>
・個人の力量に大きく依存
・優秀なブリッジSEの人材不足
・中国側にライバル出現の疑念を持たれる

日本人コーディネータ配置
<メリット>
・日本の商慣習や業務知識がある/利用者の視点を持つ
・日本人設計者の負担軽減
・自社にて人材育成が可能

<デメリット>
・言葉や文化の壁
・優秀なコーディネータの人材不足

今回の記事はいかがでしょうか?
少しでもお役に立てれば幸いです。
今後もこの調子で頑張れ!と思われた方は、こちらをクリックして人気blogランキングに一票を投じてください。

|

« 日本の常識はどこまで通じる? | Main | あなたの仕事が中国人に奪われる? »

Comments

ブリッジSEとコーディネータの違うところが何でしょうか?
教えていただきたいですが。

Posted by: 暖風 | October 08, 2006 at 10:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/1082401

Listed below are links to weblogs that reference オフショア開発の発注形態:

« 日本の常識はどこまで通じる? | Main | あなたの仕事が中国人に奪われる? »