« 中国アウトソーシングの可能性 | Main | 中国人SEの行動パターンを理解する »

中国現地法人設立のメリット・デメリット

【質問】

中国で現地法人を設立して自前で開発を行う場合と、パートナー企業に委託する場合の、メリットとデメリットをまとめています。参考になるポイントがあれば、教えてください。
(開発管理部マネージャ Kさん)


【回答】 ★中国法人設立のポイント!

中国法人設立の目的、および今後の展開によって考慮すべき点が変りますが、基本的には次の要点を抑えてください。

 ×多額の資本金が必要、しかも国外持ち出しは困難
 ×営業許可証(営業執照)に活動内容が縛られる
 ×複雑で面倒な人材管理を強いられる

 ○中国市場への進出の足がかり
 ○圧倒的な人件費の安さ

もう少し具体的に説明するとこうなります。

・資本金

独資の場合は、資本金100万元必要。
裏ワザはたくさんあるものの、基本的には資本金で中国に出資した資本は、会社を解散するなどの方法以外は国外に持ち出せません。

・営業範囲

設立時にしっかりした営業範囲を決めなければいけません。開発がモジュールだけなのか輸出できるソフトウェアか、などの違いが重要になってきます。

・人材管理

最近では日本籍の常駐者のVISA申請は比較的簡単。
中国市場がターゲットの場合は、優秀な中国人パートナーが必要。
契約があったとしても、結局は社員を拘束することができないので、技術的流出は避けられません。

(情報提供者:上海在住 土下様、Kさま、他数名)

情報を提供していただいた上海在住の農業ビジネス先駆者 土下様、Kさま、他数名の方が、本当にありがとうございます。

|

« 中国アウトソーシングの可能性 | Main | 中国人SEの行動パターンを理解する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/1001529

Listed below are links to weblogs that reference 中国現地法人設立のメリット・デメリット:

« 中国アウトソーシングの可能性 | Main | 中国人SEの行動パターンを理解する »