« 原価管理を見直す | Main | 検収後に不具合発生 »

中国のプロセスをレビューする

メルマガ「中国ビジネス入門」によせられた読者の声を紹介します。

中国オフショア開発の品質を向上させるためには、どんな工夫が有効でしょうか?

中国ベンダ社内の各種レビューをレビューする
─ アイコーチコメント ─

●成果物を徹底的にレビューすることが基本。ここでは、さらに中国ベンダの開発プロセスをレビューすることの重要性について触れたい。

●中国ベンダが手抜きする傾向のある工程が、社内の各種レビューである。そこで、中国オフショア開発で陥りやすいパターンをみてみよう。

【よくある問題点】設計レビュー

網羅性に問題あり。外部設計(Public class, public method)のみレビューして、各担当者に任せられた詳細設計のビューを怠る傾向がある。

→目が届くところだけ確認。臭い所はふたをする?!

【よくある問題点】ソースコードレビュー

メンバが頭を突き合わせて議論するスタイルではなく、リーダのレビューアーが一人で全ソースコードをチェックして、各担当者に個別で指摘事項を与えるスタイルをとるケースがあった。

中国ベンダの水平展開力が弱い理由の一つが、このような不適切なレビュー方法にある。

しかも、この事例では、レビューアーは別チームから一時的に応援にきた人であった。つまり、技術には強いが、当該プロジェクトの仕様を十分に理解していないため、ソースコードレビューの重要な目的である机上デバッグが不十分であることが判明した。

■■ この記事の教訓 ■■

プロジェクト計画の段階で、日中それぞれの責任分担を明確化した役割分担表を作成することを推奨する。ところが、中国側の作業内容が具体化されていないと、前出のような思わぬ落とし穴が待っている。

たとえ、外部から技術的に優れた中国人ブリッジSEを採用しても、このギャップは埋まらない。

これを解決するためには、日ごろからあなたの会社でも、信頼できる中国オフショア開発コーディネーターを育成しておかなければならない。


→コメント欄にあなたの回答・ご意見をください。

今回の記事はいかがでしょうか?
少しでもお役に立てれば幸いです。
今後もこの調子で頑張れ!と思われた方は、こちらをクリックして人気blogランキングに一票を投じてください。

|

« 原価管理を見直す | Main | 検収後に不具合発生 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/1314567

Listed below are links to weblogs that reference 中国のプロセスをレビューする:

« 原価管理を見直す | Main | 検収後に不具合発生 »