« September 2004 | Main | December 2004 »

機密情報の扱い

プロジェクト完了後の技術情報の取り扱い

中国オフショア開発が完了したら、現地のプロジェクトチームは直ちに解散すると聞いています。では、プロジェクト完了後に中国ベンダは、どのように日本の技術情報を管理しているのでしょうか?

■技術情報を適切に返却・処分させる

●この手の質問は珍しい。多くの企業は、中国オフショア開発プロジェクト立上げから完了までに神経を使い果たし、保守運用フェーズについては頭がまわらない。

●今日の話題は、法的な輸出手続の観点から考えてみたい。技術情報の管理については、当社セミナーの中でも少しだけ言及するが、あなたの会社としての基本的な対応方針を定めておく必要がある。

●ドキュメント、データ、配布資料、手書きメモ、メール送信履歴、これらは全て、輸出手続の対象となる技術情報である。したがって、あなたには、日本から提供した全ての情報が、中国ベンダで適切に管理されているかどうかを監督する責任がある。

●輸出手続の詳細については、中国オフショア開発実践セミナー(★)の中で触れるので、ここでは質問についてお答えしよう。

プロジェクト完了後に中国ベンダは、どのように日本の技術情報を管理しているのでしょうか?

中国ベンダは、オフショア開発立上げフェーズで合意した内容に基づき、技術情報を管理しているはずである。つまり、契約完了後の技術情報の取り扱いについて検討していなければ、恐らく、あなたの会社の技術情報は、特別に管理されていないだろう。

●法律の解釈に基づいた模範回答としては、中国ベンダとの契約期間が過ぎたら、中国に提供した技術情報を返却または処分してもらうしかない。

●処置のタイミングは、原則として検収完了時である。では、瑕疵担保期間中の技術情報の扱いは、どうすればよいだろう。例えば、技術情報を破棄した途端バグが発生した。でも、中国ベンダの手元には、対応に必要な開発環境がない。

●こんなことを防ぐために、ラボ契約は有効かもしれない。あるいは、中国ベンダとの基本契約の中で、技術情報の取り扱いについて扱ってもよい。海外をやめて、沖縄オフショア開発に移行する手もある。

中国オフショア開発では、開発業務以外でも気を使うことが多い。

中国オフショア開発実践セミナー

■ 成功の勘所 ■

中国ベンダに提供した技術情報の扱いは、特別な理由がない限り、オフショア開発プロジェクトの立上げ計画時の合意事項に従うこと。


こちらもご覧あれ→ 中国オフショア開発専門メルマガ

→コメント欄にあなたの回答・ご意見をください。

今回の記事はいかがでしょうか?
少しでもお役に立てれば幸いです。
今後もこの調子で頑張れ!と思われた方は、こちらをクリックして人気blogランキングに一票を投じてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

見切り発車への対応

経営陣がトントン拍子で進めるオフショア開発

中国進出を考えているソフトウェア会社に勤務しております。私は、管理部の管理職ですが中国でのオフショア開発についての知識がまったくありません。

経営陣は、関係者と話をトントン拍子に進めています。少しでも状況については知っておく必要があると思います。(読者の声)

■経営陣の見切り発車に対応する

●現場の知らないところで、オフショア開発の話が一人歩きする、こんな会社は少なくない。

オフショア開発で成功する企業には、相手国の文化やコミュニケーションの傾向を察知する目の肥えたコーディネータが欠かせない。ところが、ソロバンをはじくだけの経営者には、そんな話には興味が湧かないのかもしれない。

●“目の肥えた”コーディネータとは、日本文化とオフショア開発委託先の企業文化を見事に融合させることができる人物だ。

開発コーディネータの役割については、オフショア開発実践セミナーで詳しく解説しているので、初心者の方はぜひ参加していただきた
い。

●毎回、セミナー参加者から共感が得られる話題の1つに「見切り発車」のネタがある。簡単に説明するとこうなる。

セミナーテキストには「見切り発車はNG」とある。この記述を見ると、多くの参加者はガックリするらしい。

・・・

ところが、セミナーで私が「実際には見切り発車もやむを得ない」と説明すると、参加者は一様にほっとした表情を見せる。

●中国オフショア開発のリスクは、全て回避できるとは限らない。少なくとも、見切り発車のリスクは回避できないものとして、対処しなくてはいけない。状況に応じて、リスクを軽減させたり、他の要素に転嫁させたり、あるいは、受容することもあり得る。

それが、プロのリスク管理というものだ。

●オフショア開発の立上げでは、経営陣の意気込みに対して現場がついていけないケースが多い。その結果、勢いあまって、見切り発車することになる。

当然のことながら、適切なプロジェクトチームが編成されておらず、開発コーディネータも不在だ。

●なぜ、中国オフショア開発は失敗し続けるのだろうか?そのヒントを探るためにも、当社が無料配布するケーススタディや各種セミナーを上手に活用するとよい。

中国オフショア開発実践セミナー

■ 成功の勘所 ■

中国オフショア開発では、過去に先人達が多数の失敗を犯してきた。

今からオフショア開発に取り組む会社は、同じ失敗を繰り返す必要はない。経営陣がトントン拍子で進めるなら、現場も常に情報を獲得できるような仕組みを持っておこう。

こちらもご覧あれ→ 中国オフショア開発専門メルマガ

→コメント欄にあなたの回答・ご意見をください。

今回の記事はいかがでしょうか?
少しでもお役に立てれば幸いです。
今後もこの調子で頑張れ!と思われた方は、こちらをクリックして人気blogランキングに一票を投じてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プロラム不正コピー

セキュリティーが心配で前に進みません

当社でも中国での開発を提案していますが、セキュリティーなどの問題があるためなかなか実現できません。(男性/技術部)

■プロラム不正コピーのケーススタディ

「セキュリティーが心配」、ごもっともな意見だ。

情報セキュリティのトラブルは、既に深刻な社会問題と化している。
オフショア開発では、これがきちんとクリアしない限り、スタートラインにすら立てない。

セキュリティーに関して、私が実際に聞いたことのある事例を列挙する。

・会社ぐるみのプロラム不正コピー
・ずさんな管理による顧客データ漏洩
・ウィルス、停電などによる情報漏洩と破壊

・・・

続きはこちらから→ 中国オフショア開発専門メルマガ Vol.106

| | Comments (0) | TrackBack (0)

転ばぬ先の杖

読者からのお便り紹介

弊社は昨年10月より、上海、大連において、○○○のオフショア開発を実施しております。月5人程度の小規模のプロジェクトであり、経験不足でまだ問題点の抽出分析すらできていない状況です。

・・・であり、ビジネスとしては成立していないというのが正直なところです。

しかしながら、ソフト単価の下落傾向が激しい国内の状況を考えますと世界的な視野にたって開発拠点を考えるべきであり、また中国他のマーケットへの足がかりとしての魅力も大いに感じます。

対中交渉の落とし穴 ~7つのケーススタディ』は経験の浅い弊社にとって大変貴重なものであり、転ばぬ先の杖として使わせていただきたいと考えております。(男性)

■他社事例から「転ばぬ先の杖」を得る

正しいオフショア開発に失敗はない。
そこに、あるのは学びだけだ。

オフショア開発を本気ではじめようと思う企業にとって、他社の成功・失敗事例は本当に役に立つだろう。

本誌や当社セミナー等を活用して、自動車の仮免許を取得する感覚で、手軽にオフショア開発の実態に触れて欲しい。

・・・

続きはこちらから→ 中国オフショア開発専門メルマガ Vol.105

| | Comments (0) | TrackBack (0)

突然、オフショア活用特命が降ってきた

今年になって会社から諸事情により中国という話が出てきました。

国内の人月単価がジリ貧になる一方で、顧客企業の意向で中国活用を余儀なくされてきました。(セミナー参加者

目標に向かっている限り、失敗は積極的である

2004/10/5の中国オフショア開発実践セミナーは盛り上がった。

オフショア開発経験の豊富な参加者が、自らの体験談を惜しみなく披露してくれたからだ。

過去3回のセミナー開催実績から、参加者のタイプは大きく2種類に分類されることが分かった。

・・・

続きはこちらから→ 中国オフショア開発専門メルマガ Vol.104

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オフショア開発固有のトラブル

中国におけるプロジェクトマネジメント成功の要諦を教えてください。

現在、私は社内のある部署の中国開発マネジメント力強化のプロジェクトに投入されています。ところが、「中国の独自性」という壁にぶちあたって、困っています。

■ リスク対策の専門チームが求められる

「中国の独自性」とはなんだろうか。中国オフショア開発実践セミナーに参加した方の意見をいくつか紹介する。

・たとえ正確なドキュメントを用意しても、仕様確認のQ&Aが多すぎて、仕様理解不足に陥る(男性/45歳)

・・・

続きはこちらから→ 中国オフショア開発専門メルマガ Vol.103

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | December 2004 »