« 進捗管理の「モノサシ」 | Main | 2/10 第1回オフショア開発勉強会 »

春節と爆竹禁止令


上海の日系百貨店
2月9日は春節です。香港のTVを見ていたら、街中での爆竹を禁止すべきか否かについて、弁護士や教育関係者らが集まって喧々諤々と議論していました(笑)。いやいや、笑い事ではありません。彼らは真剣そのものです。

ご存知の方も多いと思いますが、中国では街中で爆竹を鳴らすことは法律で禁止されています。ところが、少なくとも上海では、爆竹禁止令など何のその。当社の上海オフィスの周辺でも、昼夜を問わず爆竹の炸裂音が響き渡っていました。

そう、本当に夜中でも、

バン・バン・バン・バン・バン・バン・バン・バン・バン・バン
バン・バン・バン・バン・バン・バン・バン・バン・バン・バン
バン・バン・バン・バン・バン・バン・バン・バン・バン・バン

と爆竹音が鳴り響きます。住宅街では、大きな爆竹を持って歩く家族連れの姿も見られました。正月前に準備すべき物として、欠かせない一品なのでしょう。

香港のTVでは、視聴者に爆竹禁止令についてアンケートを実施していました。

 爆竹を解禁すべき  60%
 禁止令を継続すべき 40%

ちなみに、香港では爆竹ではなく花火をあげるそうです。もちろん、上海でも花火は上がっていました。

TVの一般視聴者からは、下記の声が寄せられていました。

「爆竹は庶民の娯楽である」
「爆竹は百害あって一利なし」
「そんな金があればもっと他に使うべき」
「けが人が続出する」
「香港では禁止されて10年経つが何の不都合も無い」
「禁止令などを続けると、中国の民族文化が滅ぶであろう」

TV討論会に出演する爆竹解禁派の女性弁護士は、下記2点から、爆竹禁止令の問題点を指摘します。

1. 伝統文化の保護
2. 法の執行のコスト削減

中国社会の合理的な慣習を尊重すべき。爆竹等の伝統文化は、法律など人工的に規制されるべきものではない。さらに、20世紀初頭のアメリカにおける禁酒法を引き合いに出して、爆竹禁止令の不当性を訴えていました。

爆竹を鳴らすとあたり一面にゴミが散乱しますが、翌朝には全て掃除されています。早朝の上海は驚くほどきれいです。一度ご覧あれ。

|

« 進捗管理の「モノサシ」 | Main | 2/10 第1回オフショア開発勉強会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 春節と爆竹禁止令:

« 進捗管理の「モノサシ」 | Main | 2/10 第1回オフショア開発勉強会 »