« 2/10 第1回オフショア開発勉強会 | Main | 上海マンションの不満 »

武士道

2月と3月は、東京と上海を往復するだけではなく、国内の各地を訪問します。手始めに沖縄と福岡行きの日程を決めました。沖縄では、県の地域情報化の促進と情報通信産業振興に関わる記念祝賀会で講演します。
ソフトウェア開発の業界動向(日本や世界)、ならびに沖縄の方向性を示すような話にまとめたいと思います。これも1つの親孝行。

日本や沖縄、中国オフショアの展望を予測するためには、日本人の伝統的な思考パターンや行動様式を学ぶ必要があります。そこで、上海出張に持っていくスーツケースに一冊の本を放り込みました。

以前から自宅にあるこの本、巷では○○○ブームと呼ばれるほど有名でしたが、なかなか手に取ることがありませんでした。上海ではTVを見ることもないため、人と会わない時間帯は本を読むか、PCの前に座っているかのどちらかです。

という訳で、上海2日目に読み始めました。
この本、わずか204ページしかありませんが、いわゆる「かたい」内容です。もともと歴史や哲学が好きですが、堅苦しい本を敬遠して「やわらかい」本ばかり読んできました。そんな私ですが、読み始めて数分後には強い衝撃を受けました。

「これが1世紀以上も前に書かれた本なのか?」

著者は日本人。外国人に日本の精神的支柱を説明するために書かれたそうです。つまり原書は英語。私が読んだのは翻訳本。

現代語に訳した翻訳者の力量も見事ですが、最初から最後まで格調高い文章が続きます。読むものの背筋をキッと伸ばしてくれます。恐れ多くて、寝そべって読むことが出来ませんでした。上海に滞在中、何度も何度も読み返しました。

前置きが長くなってしまいましたが、この本は五千円札の顔としてもお馴染の新渡戸稲造(にとべいなぞう)が著した「武士道」。なぜ、彼がお札の顔に選ばれたのか、その理由がはっきり分かりました。(遅すぎですか^^;)

私が読んだのは↓の本ですが、他にも武士道本が山のようにあります。何が「正しくて」何が「間違っている」、そういう判断は抜きにして読んでいただきい一冊です。

武士道 - いま、拠って立つべき“日本の精神”新渡戸稲造(著)

|

« 2/10 第1回オフショア開発勉強会 | Main | 上海マンションの不満 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 武士道:

« 2/10 第1回オフショア開発勉強会 | Main | 上海マンションの不満 »