« March 2005 | Main | June 2005 »

英語が出来る日本語SE

英語が出来る日本語SEがどれだけいるのか疑問

-----Original Message-----
Sent: Friday, May 27, 2005 11:33 AM
Subject: 最近のメールを読んで

アイコーチ 幸地様
○○○の△△です。
いつも貴重な情報を提供して頂きありがとうございます。

さて、最近は何かとベトナム事情が増えておりますが、私も中国の開発依頼会社から次はベトナムがオフショア開発の拠点として注目を浴びるであろうとは聞いていました。ですので、それほど驚きはありませんでした。
fpt001
(・・・・中略)

また、今後のオフショアのやりとりは日本語ではなく英語も視野に入れる必要があるような事が書かれていましたが、果たして、英語で話を進められる日本人SEがどれだけいるのか疑問です。(ユーザー企業情報システム部門に勤める日本人SE)

■一人くらいは、英語力のあるSEを配置したい
こんにちは、オフショア開発コンサルタント 幸地司です。いつも、メールありがとうございます。

●「ようやく中国オフショア開発が軌道に乗りました」最近、セミナーや勉強会でこのような声をよく耳にする。

一方で、「中国のソフトハウスでは、欧米企業から優秀なSEを高い給与で引き抜きがあるため、開発単価が予想以上に早く高くなるのではないか?」という懸念も拭いきれない。

●今回のベトナム視察旅行ではっきりわかったこと。それは、ベトナム・オフショア開発は一種の「ブーム」だが、今すぐ中国の代わりが務まるほど、成熟しているとはいえない。

開発現場をのぞいてみると、人材の数、スキル、経験においては、中国企業の方に一日の長がある。その差は歴然だ。

ただし、「ベトナム企業と日本企業は相性がいい」という噂は本当だと思った。詳細は、6月22日(水)のオフショア開発勉強会にて報告したい。

●ベトナムでは、日本語SEが圧倒的に不足している。経験者なら分かると思うが、技術に疎い通訳を使ったとしても、オフショア開発で意思疎通がうまく図れるとは限らない。

そのため、多くのベトナム企業では、ドキュメントの主要言語は日本語とするが、会話では英語を用いるなど工夫を凝らしていた。

●では、中国オフショア開発において英語は必要ないか?といえば、答えは「No」であろう。

中国企業のリーダー層と会話するときには、原則として日本語がほぼ通じるが、若いプログラマーと会話するには英語が欠かせないか
ら。

■成功の勘所
すべての日本人SEが英語を流暢に操る必要はないが、プロジェクトに1人英語が得意な者を用意できないだろうか。
※さらに濃厚な情報へ→ オフショア開発メールマガジン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中国に限定しない話題提供

-----Original Message----- Sent: Friday, May 27, 2005 12:58 PM Subject: メルマガ「中国ビジネス入門」購読者より

こんにちは。
いつもとっても興味深く読ませてもらってます。
特に最近は、ベトナムの記事が続いており興味津々です。そこでお願いなのですが、「中国」に限定せずもっと幅を広げて欲しいです。例えば、「アジアでのオフショア開発入門」みたいな感じで・・・。(タイ在住の日本人SE)

■またまたウィークリーまぐまぐで紹介されました!
こんにちは、オフショア開発コンサルタント 幸地司です。 リクエストありがとうございます。今のところ、このメルマガは「中国」よりも「オフショア開発」に軸足を置いています。

タイ国への「オフショア」開発は聞いたことはありませんが、現地企業にサポートする日系企業の話は聞いたことがあります。

タイでの開発業務で苦労された点などがあれば、体験談などをお気軽にお寄せください。今後とも、よろしくお願いいたします。

ところで、今週のウィークリーまぐまぐで、またまた本誌が紹介されました。通算発行数 200回を軽くオーバーし、この分野では国内ダントツの規模を誇るメールマガジンにまで成長しました。

これも、日ごろから応援してくださる、皆さまのおかげです。
ありがとうございます。
本当にありがとうございます。

たまに、間違い指摘や反対意見、誹謗中傷などの厳しいメールが届きますが、基本的には歓迎します。

■成功の勘所
これから中国オフショア開発に着手される企業で、特にお急ぎで相談されたい方がいらっしゃれば、当社主催のオフショア開発勉強会、またはセミナーにお気軽にご参加ください。
※さらに濃厚な情報へ→ オフショア開発メールマガジン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベトナム・ソフトウェアパーク

5/26ホーチミン市のソフトウェアパーク

ベトナムにも、中国と同じような発展計画を持つ官民一体のソフトウェアパークが存在する。ホーチミンの国際空港から約15分、市内中心部から約40分離れた場所にあるのが、今回私たちが訪問したQuang Trung Software City

park01

入り口から、いきなり当パークの広大さを予感させる。

park02


park03

なぜか真っ赤な受付

park04

私たちを迎えてくれたのは、二人のベトナム人女性。マネージャーのハさんと日本語通訳。

park05

いざ会議室へ

park06

ソフトウェアパークの未来予想図の説明を受ける

park07

パーク内を歩いてみると、実際にはこんな風景が広がっている。施設の建設はこれからが本番だ。

park08


park09

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ベトナム・ホーチミン

2005/5/25-26 ベトナム・ホーチミン市

ハノイの空港に向かう道。左手には巨大なキヤノンの工場がある一方、右手にはのどかな田園風景が広がります。

hanoi_view09

そろそろ空港に到着します。ここで高速道路を降りましょう。

hanoi_view10

ハノイからホーチミンに向かうベトナム航空の国内線に搭乗しました。離陸直後の窓。楽しかったハノイとはこれでお別れです。

hanoi_view11

ベトナム国内で健闘するIT企業HPT。

hmc_view01

HPT幹部社員一同お出迎え!

hmc_view02

ホーチミンの東側を流れるサイゴン川。

hmc_view03

母なる大河の命を感じます。

hmc_view04

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベトナム・ハノイ

2005/5/23-24 ベトナム・ハノイ

ベトナム・ハノイのJETROを訪問して、ベトナムオフショア開発の現状と課題について意見交換しました。

jetro_hanoi

FPTソフトウェア社の方々と一緒にランチ。ビュッフェ形式のベトナム料理をいただきます。

hanoi_view03

いたるところにバイクの列が・・・。

hanoi_view04

こんな路地もハノイ市内の日常風景

hanoi_view05

サトウキビジュースを売っています。

hanoi_view06

| | Comments (0) | TrackBack (0)

慣れが生む事故

言いたいことと、聞きたいことのずれ

「幸地さん、私が聞きたいのは、そういう話ではありません」(先週金曜日、私のセミナーに参加者した中国系男性)

■慣れが生む事故
●ビジネスでは、相手を知らないまま本番のプレゼンテーションを迎えると、とんだ痛い目にあうかもしれない。

私は、このことを先週のセミナー講演で痛いほど学んだ。そして、今週のベトナム視察旅行でも思い知らされた。

まずは、先週の話を振り返ってみる。

●セミナー主催者の日中ビジネスネットワーク様からお声がかかったのが1ヶ月以上前。講演趣旨は明確であったが、セミナー参加者の背景や抱える課題が予想できなかった。

☆参考→ http://www.ai-coach.com/backno/cip0243.html

そこで私は、当たり障りのない無難なテーマを選択した。

「中国オフショア開発の最前線 ~直面する本質的な課題とは」

●セミナー当日(5/20)、参加者名簿を見て、主催の森谷様と二人で驚いてしまった。過去の当団体が主催したセミナーとは異なり、今回の参加者の約8割が中国出身の方で占められていたからだ。

しかも、参加者は講演する私のことをほとんど知らない(涙)。「このセミナーは苦労する」始まる前に直感したが、残念ながら、その予想は見事に的中した。

正直に告白しよう。
私の自己評価は「失敗」だった。敗因はこうだ。

・中国オフショア初心者の日本企業向けに講演する内容をそのまま流用したが、日本に根を下ろして活動する中国人参加者にとっては、当たり前すぎてつまらなかった。

・日本企業相手のセミナーに慣れしてしまった私は、自分でも気づかないうちに、中国出身の方に不快感を与えるような態度や言葉遣いが目立つようになっていた。

 - 中国を一般化しすぎる表現を多様(「中国人は○○○だ」)
 - 日本は指導者、中国は遅れた生徒だと強調し過ぎた
 - マクロ的・戦略的な話をしたが、すぐに役立つノウハウを知り
  たい中国人参加者の要望にはこたえられなかった

■成功の勘所
あなたが日本企業の立場なら、オフショア企業を相手にするプレゼンテーションでは、常に謙虚さを忘れてはいけない。心持ちや態度だけではなく、具体的な言葉遣いにも気を配ろう。

(例)
・「日中」を「中日」と言い換えてみる

・「反日運動」を「抗日運動」と中国で使われる言葉を使ってみる

・「中国人は○○○」と一般化した言い方を避ける

あなたがオフショア受注側の立場なら、日本企業の一方的なやり方が気に障るかもしれないが、感情的に反応せず、大人の対応を心がけたい。

※さらに濃厚な情報へ→ オフショア開発メールマガジン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベンダー視察時の無駄を省く

言いたいことと、聞きたいことのずれ

「幸地さん、私が聞きたいのは、そういう話ではありません」(先週金曜日、私のセミナーに参加者した中国系男性)

■聴講者が何を聞きたいのかが分からないセミナー・・、怖い
●先週の金曜日は、日中ビジネスネットワーク様主催のセミナーで、1時間半の講演を行った。この団体で話すのは初めての経験だ。こんなとき、私が最も気を使うのが、セミナー受講者がセミナーに対して何を望んでいるかをいかに素早く把握するかである。

ときどき、私は地方の講演会にオフショア開発の専門家として招待されることがある。前出の理由から、参加者の正体が分からないセミナーでは、いつもヒヤヒヤさせられる。

これまでの体験から、参加者の一部には必ず「オフショア」って何?という方が混ざっていることが分かっている。日本企業の抱える悩みならおおよそ察しがつくが、相手が行政関係者であったり、留学生や外国人経営者だったりすると、こちらの予想が大きく外れることもある。

●というわけで、今回もセミナーの事前準備で頭を悩まされた。参加者の背景や抱える課題が全く予想できなかったからである。そもそも、日本人中心なのか中国人が多いのか、オフショア開発のプロが参加されるのか、システム開発を知らない中国ビジネスの専門家が参加されるのか・・・。

■成功の勘所
視察と称してオフショア企業を初訪問する際、以下のような風景によく出会う。

「互いの自己紹介に始まり、双方が一方的に会社概要を説明する」

訪問企業は、大量の質問事項を事前準備しているかもしれないが、オフショア先の希望とこちらの思いが一致しないことも珍しくない。時間の無駄を避けるために、あなたなら、どんな工夫が出来るだろうか。今一度、ベンダー視察の流れを見直してみよう。

※さらに濃厚な情報へ→ オフショア開発メールマガジン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベトナムカフェ店員のサービス

これからベトナムに会社を設立します!という元気のよい大学生から、ベトナムのインターネット事情に関する有益な情報を教えてもらいました。

-----Original Message-----
Sent: Monday, May 16, 2005 7:44 AM
Subject: Re: 中国ビジネス 入門 ~ベトナムブーム

ベトナムインターネットカフェ事情について
ひとつ注意すべきことがあります。インターネットカフェのPCは
キーボードログのプログラムが動いている可能性が大きいので、
パスワードなどが盗まれないように気をつけてください。

ノートPCからWirelessで接続するか、またはホテルのPCを使うと
より安全です。(・・・省略)

↑それは本当かっ!先に聞いてよかった~。

ところで、ベトナムって、意外にもコーヒー豆の生産では有名です。しかも、7年前からカフェブームがずーっと続いているそうです。

ベトナムコーヒーは独特の入れ方をしますがご存知ですか。先日、NHKの番組で発見しました^^。現在でも、カフェのFC展開が激しく、店員サービスの充実振りも必見。今度のベトナム出張の楽しみの一つです。
cafeshanghai0001

ある中国系メールマガジンに、中国のマクドナルドでは笑顔のサービスがまだほとんど根付いていないと書いてありました。吉野家やスターバックス等、他のマニュアルサービス店舗でも同様らしい。

私の独断と偏見で、飲食店のサービス精神を評価すると↓

        上海 < 沖縄 <   日本

中国の方が「偽りのない態度で接してもらえるから好きだ」という方もおられるので、一概にはどちらが良いとはいえませんが・・・。ベトナムのカフェチェーン店が楽しみだ。
飲食チェーン店のサービス精神とソフトウェア開発の成否に何か相関関係があるのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

英語でコミュニケーション

わが社は、英語でコミュニケーションするつもりです

(中国内陸部に進出したオフショア開発後発企業)

■英語を使うと日本語の曖昧表現を解消できる
●最近の中国オフショア開発の流れをみると、沿岸部から内陸部へのシフトが加速している。北京・上海・大連からの距離が遠くなるほど、人件費が安くなるのは明白だ。

先日、中国山東省に合弁会社を設立した日本企業の開発マネージャーと話す機会があった。地方都市に進出するメリットをお聞きしたら、人件費が安いことに加えて、人材が定着しやすいという点を強調されたのが印象に残っている。

中国沿岸部の大都市と比べると、個々の技術レベルは劣るし、日本語の習熟度も低い。それでも、地方都市に住む技術者は地元志向が強いので、人材教育のやり甲斐があるというのだ。

●最近は中国に飽きたらず、ベトナムにまで触手を伸ばしている私だが、単に人件費が安いという理由だけで、むやみやたらにオフショア発注先を広げる行為には反対である。

特にオフショア開発後発組の皆さんには、夢と戦略性を兼ね備えた企業活動を強く求めたい。ビジョンなきものは去れ!が合言葉だ。話を中国オフショア開発に戻す。

●今年になって中国内陸部に進出した、ある独立系ソフトウェアハウスの責任者と話す機会を得た。典型的な後発組である。いくつかの縁が重なって、トントン拍子で事が進んでいるという。詳しい話を伺ってみると、ひとつ面白いことをおっしゃってくれた。

「わが社は、英語でコミュニケーションするつもりです」

日本語人材が圧倒的に不足する中国内陸部。人材を輩出するスピードよりも、日本企業が進出するスピードの方が何倍も早い。ご多分にもれず、この会社でも日本語が堪能なリーダー層が不足しているという。正確には皆無だ。

でも、向こうの方は英語がとても堪能なので、まずは英語でコミュニケーションをはじめるつもりだと明かしてくれた。すかさず、私はこう応えた。

幸地:
「日中どちらかに英語のネイティブスピーカーはいますか?」

前出のソフトウェアハウス責任者N氏:
「どちらにもいません」

以前にも一度、中国オフショア開発の使用言語について記事を書い
たことがある。

> 最近、ほとんどの中国ベンダは日本語が堪能な人材を豊富に抱え
> ているため、一部を除いて英語でコミュニケーションするという
> 会社はなくなりつつある。SEが「言葉が通じない」と嘆く、表
> 面上の問題はほぼ解決に向かっている。

              「本誌2004/11/04(第123号)より」

●過去に一度だけ、日本語(20%)+英語(80%)の環境で、中国オフショア開発を経験したことがある。日本語(20%)は、単なる筆談なので、会話はすべて英語だった。

私の例では、最初から狙っていた訳ではなく、トラブルシューティングで中国から助っ人を招聘したところ、英語での会話を余儀なくされてしまった。

私見だが、コミュニケーションの観点から、中国オフショア開発では、どちらかにネイティブスピーカーがいる言語を使うべきだと考えている。中国開発ならば、日本語か中国語に統一する方が望ましい。

●ところが、N氏の会社では、結局英語によるコミュニケーションを選択することになった。その理由はこうだ。

・英語を使うと、日本人にありがちな表現の曖昧さが解消される
・コンピューター言語に近いのは英語。だから仕様書の記述言語は英語が向いている
・困難といわれると、なおさら挑戦したくなるのがうちの社風だ!
・・・

正直、私にはぴんとこない。

●ところが、来週のベトナム視察旅行でご一緒する方が、中国オフショア開発での使用言語について、次のようにアドバイスした。

「会話や打合せでは、英語を混ぜてコミュニケートするとよい。双方が母国語でないので、対等な雰囲気で円滑にすすめられるメリットがある」

なるほど、そんな考え方もあるのか。

●主要言語が日本語で適度に英語を散りばめるのと、すべて英語でコミュニケートするのでは全く次元が異なる話だが、一方的に日本語を押し付けるだけが能じゃない。

実際、N氏の会社はまだ規模が小さいため、英語が堪能な個人への依存度を高めれば、オフショア開発拠点の立ち上げに成功する可能性が十分にある。N氏の会社の取り組みを興味を持って見守りたい。(完)

※さらに濃厚な情報へ→ オフショア開発メールマガジン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テスト専門アウトソーシング

日本では「テストのアウトソーシング」という発想に乏しい

日本での中国オフショアは、製造からホワイトボックステストまでを中国で行い、ブラックボックステストは日本で行うのが通常のパターンです。国内ソフトウェア会社への外注と同じパターンです。

(メルマガ ソフトウェア業界 新航海術 第75号より)

■「テストのアウトソーシング」は差別化の要因になるか?
●私の最大の関心事。それは、来週のベトナムオフショア開発の企業訪問である。どんな切り口から質問して、どういう観点で評価すれば効果的か。

上海のメルマガ仲間で、中国オフショア開発のプロフェッショナル末富氏に助言を仰ぎながら、質問事項としてまとめている。17日までに吟味して、事前に現地企業にメールするつもりだ。詳しい内容は明かせないが、主に以下のチェックポイントをより具体的に文書化することになりそうだ。
・経営トップの姿勢、社風
・開発リーダー層の資質
・人材定着率、人材教育
・開発プロセス、品質保証の仕組み
 (・・・略)

●ベトナム旅行の行動計画はほぼ固まったものの、ベトナム開発に関係する本誌読者から、続々とお役立ち情報や面会依頼メールが届いている。

ありがとうございます。
本当にありがとうございます。
後で必ず返事しますね。

●話は代わるが、中国オフショアでは、テスト専門のアウトソーシングビジネスはあまり流行っていない。私が毎週楽しみに愛読するメルマガ[ソフトウェア業界 新航海術]では、米国からインドへのオフショアは、米国で製造したシステムをインドでテストするというパターンも多い、と指摘する。

ベトナムが中国と同じ土俵で勝負しても、あまり意味がなかろう。もちろん我がふるさと沖縄オフショアもしかり。

米国流の勢力が強いベトナムでは、テスト専門のアウトソーシングビジネスの可能性はないのだろうか。素朴な疑問だ。ベトナムや中国において、テスト専門のオフショアリングで成功している事例があれば、ぜひご連絡いただきたい。逆に、過去に挑戦したけど失敗した、なんて話も大歓迎だ。

【アンケート実施】
海外拠点での「テスト工程のアウトソーシング」、あなたの会社では可能性ありますか?下記の中から該当する回答を1つ選んでクリックしてください。
実施中、または実施済み
大いに可能性あり
可能性を見極めたい
当分予定はない、または無関心
無理だと思う
その他
結果を見る
コメントボード
締切:2005年05月24日23時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/
アンケートへのご協力、よろしくお願いいたします。

※さらに濃厚な情報へ→ オフショア開発メールマガジン

| | Comments (5) | TrackBack (0)

中国のあら捜しする暇があれば・・

コスト削減から市場開拓へ、攻めのオフショア開発始まる

反日デモで揺れた中国だが、オフショア開発の流れはもう止められない。国内ではオフショア開発によるコスト削減を条件とするシステム商談も急増。もはや売上拡大に不可欠な存在になり始めている。
(日経ソリューションビジネス 2005/4/30号 スペシャルレポート)

■中国のあら捜しをしている暇はないはずだ
●このメールマガジンが創刊したのは2003年7月。おかげさまで、そろそろ2周年記念を迎える。日本で発行されたオフショア開発関連の書籍や専門誌には、出来るだけ目を通すようにしている。

前出の日経ソリューションビジネスを読んで正直こう思った。最近の日本のマスコミはようやく本誌のレベルに近づいてきたな、と。コッソリ自画自賛だ(笑)。

●中国オフショア開発を「選択肢の一つ」と見るか、「生き残りの秘策」と見るかは、会社の事情によって異なるだろう。中国の側も、日本を「最重要顧客」と見るか、「数ある顧客の一部」と見るかは千差万別だが、最近の受け入れ態勢の充実振りは目を見張るものがある。

●ここで、前出の日経ソリューションビジネスに掲載された4ページの特集内容を軽く紹介しよう。

  • ユーザー企業のコスト圧力がオフショア開発の推進力となる
  • 元請が下請に対し、50%オフショア化することを要求することも
  • 以前は投資だけで5~6年、回収までに10年かかったが、今では投資期間はもっと短く済むだろう
  • 日本国内には中国人留学生や卒業生が10万人以上おり、彼らの有効活用も一案だ
  • 準備のない会社がオフショアすると必ず失敗する
  • EPRのアドオン開発を中国で実施中(結果はこれから)
  • 日系企業向けソリューション提供が急拡大
  • 反日デモの具体的な影響は出ていない

■成功の勘所
今どき中国オフショア開発をするかしないかの議論は意味がない。法人だけではなく、普通の会社員だって複数の収入源を持つのは常識とされるのが今の時代だ。

中国オフショア開発を「選択肢の一つ」と見るか、「生き残りの秘策」と見るかは、会社の事情によって異なるだろう。それでも、あなたは中国のあら捜しに終始しますか。

※さらに濃厚な情報へ→ オフショア開発メールマガジン

※→コメント欄にあなたの回答・ご意見をください。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

影響力の武器

先日、自宅を整理したら、要らない本が山のように出てきました。最近のビジネス書だけで数百冊あると思います。

情報・ノウハウの陳腐化は、ほんと早いですね。
内容の古いIT関連書なんか、見向きもされません^^;

昨夜、自宅の近くにあるブックオフに要らない本を買い取ってもらいましたが、なぜか帰り道私の両手には抱えきれないほどの新しい本が。また本を大人買いしてしまった・・・。

最近読んで感動した本といえば、社会心理学の名著「影響力の武器-なぜ、人は動かされるのか」です。日中コミュニケーションの道具としても応用が利くと思いますが、素人が使うとかなり危険です。

取り扱い注意:eikyouryoku

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | June 2005 »