« すべて日本語(67%) | Main | 大連ソフトパーク »

インド企業は高成長率

恐るべしインド企業の台頭

競合にも協業先にもなる存在
日経ソリューションビジネス2005年5月15日号,30ページより

■日本市場は低迷するも、インド企業は抜群の売上高成長率
●なぜ、いまさらインドなの?そう思われる読者もいるだろう。日経ソリューションビジネスのスペシャルレポートは、下記のくだりから始まる。

 インドのITサービス企業が、日本市場で攻勢をかけている。下請
 けから脱却して、ユーザー企業との直接取引きを精力的に展開す
 る。日本のITサービス市場が低迷する中でも、インドITサービス
 企業は抜群の売上高成長率を誇る。

●2005年5月現在、インド企業の実態はこうなっている。

・インドオフショア開発の人月単価は、日本人の人月単価の55%
・ユーザー企業からのリピートオーダー率は高く90%に達する
・下請けでリスクだけ負う関係は望まない
・日本のユーザー企業向けに開発手法を変えつつある
 (プロトタイプ+画面イメージを多用)

【日本市場に進出している主なインドITサービス企業】

ウィプロ・テクノロジーズ - Wipro Technologies
日本拠点250人 日本売上53億円 日本顧客数50社

インフォシステクノロジーズ - Infosys Technologies Ltd.
日本拠点200人 日本売上42億円 日本顧客数15社

タタコンサルタンシーサービシズ - TATA Consultancy Services
日本拠点250人 日本売上32億円 日本顧客数30社

サティヤムコンピュータサービス - Satyam Computer Services Ltd.
日本拠点130人 日本売上15億円 日本顧客数30社

ポラリスソフトウェア・ラボ - Polaris SOftware Lab
日本拠点65人 日本売上15億円 日本顧客数10社

アイゲート・グローバル・ソリューションズ - iGATE Global Solutions Ltd.
日本拠点102人 日本売上13億円 日本顧客数50社

NIITテクノロジーズ - NIIT Technologies
日本拠点30人 日本売上5億円 日本顧客数30社

■成功の勘所
昨年に引き続き、2005年度も日本IT市場の低迷が予測されている。

少子高齢化とオフショアリングが加速することで、「人手不足」と「ヒト余り」の恐怖が同時に日本企業を襲うだろう。

中国、インド企業への悪口は絶えないが、もやは彼らなしでは、やっていけないのが現実だ。海外企業を単なる安い部品調達先とみなすだけの時代は終わった。

中国、インド、ベトナム、そして日本のソリューションプロバイダ(ユーザー企業の情報システム子会社含む)。互いが、メリットを共有する仕組みを作るにはどうすればよいか。

沖縄や地方のITサービス業者にとって、「価格」以外の競争優位性をどう確立していけばよいだろうか。

これからのIT技術者は、スペシャリストやプロジェクトマネージャー以外のキャリアパスを意識する必要があるのではないか。

ソフトウェア開発の国際分業時代に備えた「開発コーディネータ」がその1つの答えだ。

※さらに濃厚な情報へ→ オフショア開発メールマガジン

|

« すべて日本語(67%) | Main | 大連ソフトパーク »

Comments

こんにちわ、

こんなBLOG有ったのですね。まさに、Hotな話題で日本人にとって
は、かなり重大な問題ですよね。と言う私もこれからインド系のITに入っ
て行こうとしているのです。インド系特有の舌を回した様な英語が気にな
りますが、彼等はとても優秀だと思うし、中国人と比べると謙虚さを兼ね
備えている感じもします。

ただ、インドも中国も下請け体質に甘んじていないと言うコメントが有りまし
たが、現段階では日本ではそれ程のOFFSHORE開発の認知性が無く、
日本のSier・コンサルの下にぶら下がると言う状況に甘んじないといけ
ないと言うのが、本当のところではないでしょうか?中には欧米のグロー
バル企業のプロジェクトをDirect Contractで取り、やっていると言う状況も
有る様ですが、純和風の企業(例えばトヨタとか)が一次受けとして任せる程、
認知はされていないと思います。しかし、OffShoreを使った開発、
インプリメンテーションではCost Leader Shipを取れる事は間違い無いので、
認知度が進んだ時、どうなるかが楽しみです。しかし、認知度が進み仕事が
増えると共に単価が上がったりと往々にして考えられます。何れにせよ、
IT企業はインド・中国に大量のマネーフローを起こすと期待できるのでは
ないかと思います。

かなりのページ数が有るのでゆっくり読ませて頂きます。

よろしくお願い致します。

Posted by: MickeyMickey | July 01, 2005 at 06:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/4485874

Listed below are links to weblogs that reference インド企業は高成長率:

» [blog]【インドITは詐欺か?】 [事件は、オフショアで起きているんだ! |  バンガロール]
  http://tbc.boxerblog.com/eiraku/2005/07/post_7d7c.html 営業はサギ師か? 個人にモノを売る場合(BtoC)と、会社に売る場合(BtoB)とでは、商談プロセスも期間も意思決定プロセスもまったく違います。値段が高くなるほど(大型商談)、複雑に人が絡みます。一人は騙せても多数は騙せません。最後は社長が決済します。営業パーソンは社長に会えるチャンスなんて1回あるか無いかです。 その為、多数の人が納得する為には、すべて論理的でなければならないと思い... [Read More]

Tracked on August 08, 2005 at 08:56 AM

« すべて日本語(67%) | Main | 大連ソフトパーク »