« ベトナムへの委託を10%まで引き上げ | Main | ベトナム投資ミッション »

ベトナム国内のプログラマー数

ベトナムへの委託開発を10%程度まで引き上げたい

日本のソフトウェア開発市場の年間売上は1,400億ドルあり、そのうち海外での委託開発は年間30億ドルに上るが、「ベトナムへの委託を10%にまで引き上げるよう支援する」という。(2005年9月15日、日本貿易振興会)

ベトナム国内のソフト会社の数は前年比で15%増の700社。では、ベトナム国内のプログラマーの人数はどれくらい?

■アジア各国との競争に備えるベトナムソフトウェア産業

前回に引き続き、ベトナムのマスコミ報道からネタを紹介する。

2005年9月前半、ベトナムのハイホン市で開かれた「第3回全国情報産業発展セミナー」で情報工学局(郵電省)のNguyen Anh Tuan局長は以下のように述べた。

「世界のソフトウェア開発産業の急成長は、ベトナムのソフトウェア産業の発展と先端技術の開発に好機をもたらす」
(TBKT Saigon誌 2005年9月15日)

●記事によると、2004年のベトナムソフトウェア産業の総売上は2003年比で33.3%増の1億7,000万ドルに達し、そのうち輸出額は4,500万ドルであった。

※参考データ
・日本のソフトウェア開発市場の年間売上は1,400億ドル
・そのうち海外発注の委託金額は年間30億ドル

●ベトナム最大のIT企業といえば、本誌でもお馴染みのFPT社。同社は今月、ハノイ市内に15階建てビル建設の着工式を行った。

完成後はソフトウェア開発・IT人材教育センターとして同社の従業員2,000人が働く予定だ。同社の昨年の総売上は3億2,400万ドル。そのうちソフトウェア開発の売上は7.33%だと発表されている。

■成功の勘所
(クイズの答え) ベトナム国内のソフトウェア開発会社は前年比で15%増の700社に。プログラマーも前年と比べて17%増の15,000人に達した。

ちなみに、日本、中国、インドのIT技術者は、いずれも50万人を超えている。

|

« ベトナムへの委託を10%まで引き上げ | Main | ベトナム投資ミッション »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/6181185

Listed below are links to weblogs that reference ベトナム国内のプログラマー数 :

« ベトナムへの委託を10%まで引き上げ | Main | ベトナム投資ミッション »