« やる気のない駐在員 | Main | 「会話の土俵をあわせる」の真意 »

BPOの価値と価格

人月単価だけで判断されると困ります

日本で営業活動をしていると、結局「人月単価いくら?」と聞かれて話が頓挫してしまいます。目下、これが最大の関門です。
(中国でBPOを進める企業/営業担当者)

■BPOの価値と価格

●古くから中国オフショア開発に取り組んできた企業では、システム開発以外の"業務"をアウトソースする動きが高まっている。

一般には、こうした動きを

「業務処理(ビジネスプロセス)の外部委託」
「間接業務の外部委託」

などと呼び、BPO(business process outsourcing)という名称もすっかり定着してきた。

最近では、システム開発を捨てて、完全にBPOに特化するオフショアベンダーも見かけるようになった。

●国内では、沖縄にコールセンターを集積化した成功事例が有名である。中国でも、日本文書のパンチ入力に始まり、コールセンター、画像処理、CAD入力などのBPOが花盛りである。

業界では常識だが、コールセンターは強力な「攻め」の営業機能を有するため、いったん中国に進出したコールセンターを徐々に国内に回帰させる動きも見られる。

コスト削減よりも、経営スピードを優先させた結果だ。とても興味深いトレンドである。

■成功の勘所

ところで、BPOの値段の根拠はなんだろうか?

1つは、BPOの対象業務を正社員から派遣要員に切り替えたときの差額(人材派遣会社からの調達費用)を考えてみる。

だが、この方法には致命的な欠陥がある。賢明な読者ならピンとくるだろう。ヒントは、かの有名な「パーキンソンの法則」である。

・仕事量と作業員の数との間にはなんの関係もない
・作業員が2倍になると、間接業務は2乗で増える

|

« やる気のない駐在員 | Main | 「会話の土俵をあわせる」の真意 »

Comments

株初心者です。ヒントは、かの有名な「パーキンソンの法則」・・・さっぱりわかりません・・・でもBPOがなんとなくですがわかりました・・・

Posted by: jack | March 25, 2007 at 01:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/6466353

Listed below are links to weblogs that reference BPOの価値と価格:

» セミナーやります [ジャスダック上場までの軌跡 ≪日本―上海編≫]
久々にセミナーの講師を務めることになりました。 今回はオフショア開発コンサルタントの幸地司さんの開催されるオフショア開発に関するセミナーです。 以下、セミナーの内容となります。 第8回オフショア開発勉強会  「仕組みづくり」「ルール」「標準プロセス」  ■日時:2005年10月26日(水) 19:00-21:00 (18:40開場)  ■場所:五反田ゆうぽうと(東京保険簡易会館) 5Fくれない東    (JR五反田駅下車・徒歩5分。東急大崎広小路駅からなら1分) ... [Read More]

Tracked on October 19, 2005 at 11:49 AM

« やる気のない駐在員 | Main | 「会話の土俵をあわせる」の真意 »