« オンサイト開発の阻害要因 | Main | 中国語、英語、ボディーランゲージ »

コンビニ・カフェラテ

先月末ごろから、国内のコンビニでもスターバックスコーヒーが発売されました。発売当初は、どの店舗にいっても常に品切れ状態で、なかなかお目にかかることができませんでした。

今週から、ようやく陳列された商品を見かけるようになりました。早速私も買って飲みました。

アイスカフェラテ 200ml 210円。
味はまぁまぁ、値段はお高め。

cafe0001

あなたは、すでにご覧になりましたか?

知人が森永のカフェラテをず~とスタバ製品だと思い込んでいたとか。今回初めて別製品であることに気づいて、ずいぶん憤慨していました。

「森永のやつ、モノマネしてけしからん!」

思わず笑っちゃいました。私はどちらも好きなので没問題。

morinaga_cafe

              ※

日経ソリューションビジネス(9/30号)にコンビニ(小売業)の未来予想図のヒントが隠されていました。

無線ICタグ(RRID)やモバイルFelicaが実用化されることによって、小売業のいくつかの問題解決が進み、新しいサービスが生まれそうな気配があります。

・在庫管理
・トレーサビリティ(生産履歴の追跡確認)
・消費者の購買動向分析
・店舗別の売れ筋、価格変更履歴等の管理

最近、ネット書店Amazonで本を買うと

「○○をお買い上げのお客様は、◇◇◇お求めであるため、このご案内をお送りしています。」

なんてお知らせが直接私のメールボックスに届くようになりました。

従来、ネットでしか実現し得なかったコンシェルジュ・サービスが、最寄の小売店でも簡単に受けられるようになるかもしれません。

今年9月、コンビニのサークルKサンクス全店でモバイルFelicaの運用が開始されました。近い将来、こんなサービスが登場するかも。

会社からの帰宅時、私が近所のサークルKサンクスの目の前を通り過ぎようとすると、1通の携帯メールが届きます。

『今話題のスターバックスラテが入荷!残り1点です!!』

今の私は、迷わず買います(笑)。
実は、最近この店で頻繁に森永カフェラテを買っている私。こうした購買動向がすべてコンビニ側に記録されていたのです。

さらに続けて、携帯電話にメッセージが表示されます。

『カフェラテと一緒に「焼きたて!メロンパン」はいかが?』

私なら買います(笑)。

中国の小売業でも、こうしたサービスが提供されるようになるのかしら?今度、上海で活躍するサービス業人材育成(研修)トレーナーの野村さんに聞いてみようっと。

そうえいば、この間行った中国のあるスーパー(聯華超市)では、新鮮卵の黄身だけを大量に集めてビニール袋に詰めて販売していました。本当に腰を抜かしました。ご存知の通り、卵の殻を割った瞬間からサルモネラ菌の恐怖が襲ってきます。中国大陸に住む人は、特別サルモネラ菌に強いのかっ?

国や地域、時代によって衛生観念がまるっきり異なるため、食品スーパーのあり方も千差万別。

|

« オンサイト開発の阻害要因 | Main | 中国語、英語、ボディーランゲージ »

Comments

『黄身だけを大量に集めてビニール袋に詰めて販売』―いやぁ、ホントに驚きました!マジですか?!
過去に食中毒の事故がなかったのかなぁ…。

にしても、近未来サービスは便利そうでも不気味かも(^^;)。

Posted by: 英司 | October 09, 2005 09:44 PM

昔の記事を読み返していたら、ご返事していないコメントがたくさんありました。失礼しました。

英司さん、お久しぶりです。と1年前の記事に挨拶する私。自分で言うのもなんですが、私の過去記事って面白いですねー。

Posted by: 幸地司 | October 05, 2006 05:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コンビニ・カフェラテ:

« オンサイト開発の阻害要因 | Main | 中国語、英語、ボディーランゲージ »