« ブリッジSEを採用したつもりが | Main | やる気のない駐在員 »

まともな日報とは

日報を求めたらアクティビティのみが返ってきた

中国拠点の技術者に日報を書かせていますが、中堅スタッフも含め、ほぼ全員が"今日のTo doリスト"を提出しておしまいです。中には、「昨日の続き」とだけ書かれた日報もあります。
(欧米系企業/中国駐在の日本人マネージャー)

■計画と実態の差異分析、現状評価、対策・・・

●日報や"ほうれんそう"については、本誌で過去に何度も取り上げたことがある。

> 中国子会社に勤務する全社員に「日報」の提出を
> 義務付けている。一瞬「えっ?」と思ったが、
> 工程管理の習慣が全社員に浸透しているため、
> 中国側から不満の声は上がることはない。
>
> しかも、日報を提出しないと直ちに人事評価に影響する。
> 日報を書く時間は平均して3分間。
> これから社員の負担も小さい。

第311号「日報を義務付ける会社」より
http://www.ai-coach.com/backno/cip0311.html

●先述した日本人マネージャーの気持ちを代弁してみよう。

      一流のビジネスパーソンたるもの、
    頭の中は常にプロジェクトの目標を意識すべきだ

              ▼

 レポートには、計画と実態の差異分析、現状評価、対策が必要だ

              ▼

    日常業務しか記述されない日報は寂しい、不満だ

              ※

●一方で、世界中で自社製品を売りまくる某日本企業の経営者は、"レポートのあり方"について次のように語った。

「(出張やイベント視察の)レポートは必要ない。レポートに書いてくるようなことは、こっちは頭に入っているから。仕事に反映してくれ。ピンと来ない奴は自動的に消滅する」

あなたは、これらの考え方に共感できるだろうか。

■成功の勘所

中国オフショア開発では、現物とプロセスの両方を確認するのが工程管理の基本である。

・現物主義、すなわち言葉による報告を鵜呑みにしない
・数値目標や開発基準に基づく定量評価
・日中両方に作業履歴を残す
・類似見直しの徹底

無駄な管理業務は減らしたいが、かといって、中国の「出来ました」「レビューしました」「すべて見直しました」を盲目的に信じるのは絶対に避けたい。

最近の中国オフショア開発では、"ほうれんそう"の大部分を仕組み化することができる。来週東京で、ツールを使った工程管理の成功事例を紹介する無料セミナーもあるので、時間のある方は参加してみるといいだろう。

無料セミナー 10/25 中国で勝つ為のITプロセスマネージメント<残席あり>
↑ゲストスピーカーとして私も講演します(幸地)

|

« ブリッジSEを採用したつもりが | Main | やる気のない駐在員 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference まともな日報とは:

« ブリッジSEを採用したつもりが | Main | やる気のない駐在員 »