« 日本招聘は大変 | Main | まともな日報とは »

ブリッジSEを採用したつもりが

中国人技術者の就労ビザ取得はなぜ時間がかかるの?

(答)就職先の日本企業がお粗末だから(←数ある理由のひとつ)

■ブリッジSEを採用したら、本人は日本語通訳だと思っていた

●通常、日本企業に就職する中国人の在留資格認定証明書を取得するには、日本国内で代理人が申請する。とろろが、申請内容に不審な点があると、入管局から電話がかかってきて実態調査されることがある。

(再現VTRスタート)

「もしもし、お宅が査証を申請した○○さんですが、本当に技術者ですか?」

「はい、そうです。ブリッジSEとして就業します」

「でも、情報系の大学を出ていないよね?」

「はい。日本語堪能な中国人をブリッジSEとして採用します」

「あ、そう」(ガチャ)

 ↑かなり乱暴な表現で申し訳ない・・・

●後日、こんな事件が起こる。

『ニーハオ、○○さん。日本の入国管理局です』

『はい、○○です。何でしょう』

『あなた、日本の就労ビザを申請していますが、職業は何ですか?』

『はい、私は日本語通訳です』

『好的、○○さん、ありがとう』(ガチャ)

 ↑中国にいるビザ申請者に直接電話で確認されることも。

●そして後日こうなる。

「もしもし、お宅が査証申請した○○さんだが、本人は日本語通訳だと言っています」

「え?」

「よって、技術ビザの申請は却下です。よろしく」(ガチャ)

■成功の勘所

嘘のような話だが、こうした事件がたまにある。中国ビジネスに馴れた会社ほど、こうしたミスを犯しやすい。

ビザ申請書類は日本側が作成するので、招聘される本人と意思を疎通しないと痛い目にある。日ごろのコミュニケーションを怠ると、こうした箇所で実害が生じる。

|

« 日本招聘は大変 | Main | まともな日報とは »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブリッジSEを採用したつもりが:

« 日本招聘は大変 | Main | まともな日報とは »