« 生産性向上が先、満足度向上は後 | Main | 上海オフショア開発交流会報告 »

できあがった物を見てから修正する

中国企業の顧客に関する意識

会社経営者にとっては「お客様」。

だが、一人一人の技術者にとっては、顔の見えない「ユーザー」。指示されれば当然やるが、頼まれもしないことをやろうという発想はない。
(第4回上海オフショア開発交流会 ゲスト講師 山中氏)

■できあがった物を見てから修正する・・・日本の設計は甘い!

●中国側でオフショア開発に携わる多くの技術者は、自分が作ったシステムが、どんな顔のユーザーがどうやって利用するのか、全く知らない。

プロジェクトチームの大半を占める経験の浅い若手技術者の場合、運用者、利用者の立場に立って考える、ということを期待できない。

●一方、オフショア開発を発注する日本企業にとって、顧客やサービスとは以下のようなイメージを持っている。

 「中国に仕事を出してあげている」
 「お客様は神様」
 「ソフトウェア産業はサービス業」

●「とにかくモノを見ないと分からない」といって、曖昧な仕様のままモノづくりに入るのが日本流(日常業務では私もそうしている)。

だから、出来上がったものをモノを見て、気に入らない箇所を修正する。良くも悪くも、こうしたやり方がまかり通るのが日本流である。

 ・修正が入るのは当たり前、やむを得ない
 ・顧客が直したいと望んでいるのだから、直すべき
 ・修正要望に臨機応変に対応するのもソフト会社の力量の一つ


■成功の勘所

上海オフショア開発交流会 ゲスト講師 山中氏によると、「できあがった物を見てから修正する」というやり方に対して、多くの中国人技術者は否定的な見解を持つという。

・本来設計にかけるべき時間と労力を省いている
・想像力や検討する力が欠けている
・能力の低い技術者が設計している

ちなみに、「顧客が望めば、何でも修正してあげたい」というのも中国企業の本音である。ただし、追加料金を払ってくれれば。

|

« 生産性向上が先、満足度向上は後 | Main | 上海オフショア開発交流会報告 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference できあがった物を見てから修正する:

« 生産性向上が先、満足度向上は後 | Main | 上海オフショア開発交流会報告 »