« 最近の若い中国人の考え方には問題がある | Main | 昼食や残業弁当は福利厚生面から重視される »

中国では18時に温かい残業弁当が支給される

短期出張も増えたせいか、日本研修に行きたがらないようです

一週間程度なら別ですが、ある一定期間の日本の研修には行きたがらない現象というのはあると思います。
(日系企業/人事担当者)

■中国では18時に温かい残業弁当が支給される
●オフショア開発を受託する側の日系企業で働く日本人読者の声を紹介する。

-----Original Message-----

> 日本研修に行っても食事があわない、
> 日本人が冷たいという理由で、半年間の滞在予定を
> 1ヶ月に切り上げて帰国するブリッジSEがいました。
> (家に招待したりといった親密なつきあいをしないから寂しい)
>
> 中国は安くてあたたかい料理が沢山ありますが
> 日本の昼ごはんはコンビニ弁当をチンしたり、
> 中国人には馴染みにくい生活でつらいかもしれません。
>
> 日本人が残業するとき、食事抜きやお菓子やコンビニ弁当で
> 家に帰るまで持たせるのは当たり前です。
> 当社の中国開発拠点では、残業の場合は18時ぴったりに
> あたたかい加班餐(残業弁当)が支給されます。
>
> 食に対しては、日本人よりも
> しっかり食べる健康的な生活が身についていると思います。
>
                  (日系企業/人事担当者)

↑日本の食事は口に合わない!と愚痴をこぼすブリッジSEを大勢知っています。(幸地)

●以前、東京のある会社で毎日カップラーメンを食べる中国人プログラマーに出会った。「もう少し、食生活に気を使いなさい」と助言したところ、「コンビニ弁当はまずくて食えない」ときりかえされた。
(食費を押さえて、生活費を捻出していたという事情もあったが)

■成功の勘所
たかが弁当、されど弁当。 今日の読者メールを読んで、中国人の食へのこだわりはスゴイ!と改めて感心させられた。

|

« 最近の若い中国人の考え方には問題がある | Main | 昼食や残業弁当は福利厚生面から重視される »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/8234064

Listed below are links to weblogs that reference 中国では18時に温かい残業弁当が支給される:

« 最近の若い中国人の考え方には問題がある | Main | 昼食や残業弁当は福利厚生面から重視される »