« ベトナムの「手戻り率」は5%以下 | Main | ベトナムIT技術者の給与水準 »

海外流出続くアニメ産業

無策が生んだ若手不足
セル画の彩色工賃は国内では1枚150~200円程度だといわれるが、中国や韓国に出せば人件費だけを見れば10~20%に抑制できる。 (日経ビジネス2006.8.28号 p12)

●今週の日経ビジネス誌より。

日本からの受注が増えるに伴い、中国や韓国では施設整備など産業支援に乗り出して技術水準を引き上げ、作品の出来栄えを左右するセル画の輪郭や、セル画の元になる絵の作成なども請け負うようになった。

・・・

海外では微妙な色合いが日本と異なることがあるため、「サザエさん」だけは国内で手作りを続けている。だが、制作元も協力会社の海外発注は黙認せざるを得ないという。

・・・

その結果、何が起きているか。(日本の)アニメ制作の現場では、細かいノウハウを身につけた若手の人材不足がますます深刻化している。

・・・

人材確保の障害となるのは、「アニメ業界は賃金が安い」という偏見にも近い既成概念だ。

・・・

残酷話ばかりが広がり、人材確保や育成などの対策は進んでいない。このままでは国を挙げて振興を図っている中国や韓国に逆転されかねない、と危機感をあらわにする。

こうした状況に対し腰を上げたのは東京都杉並区だ。・・・地方自治体で唯一の専門係である「産業振興課アニメ係」を儲けた。
(日経ビジネス2006.8.28号 p12-13)

↑政府・自治体の緊急課題は、海外での知的財産権保護であって、産業育成に関しては口を挟むべきではないと考えます。人材確保や育成は、アニメ業界が自ら解決すべき課題だと思います。(幸地)


■成功の勘所

農業や半導体とは対照的に、政府の規制や保護政策を必要としないアニメ・ゲームは世界に誇るコンテンツ産業にまで成長した。ところが、創造性豊かなアニメ業界の裏方は、危機感でいっぱいだ。
国際競争力の観点から、ハリウッドやシリコンバレーにあって日本のアニメ業界にないものは何だろうか。一度じっくり考えてみよう。

|

« ベトナムの「手戻り率」は5%以下 | Main | ベトナムIT技術者の給与水準 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 海外流出続くアニメ産業:

« ベトナムの「手戻り率」は5%以下 | Main | ベトナムIT技術者の給与水準 »