« 日本企業、またまたベトナムにIT専門学校 | Main | なぜ、中国対応は嫌われるのか?【アンケート依頼】 »

中国、2006年は10%成長

中国は4年連続で2桁成長になる見通し。

国際通貨基金(IMF)は9月11日、中国経済の審査結果をまとめた。
2006年の実質経済成長率を10.0%と予想し、世界経済見通しを公表した4月の時点よりも0.5ポイント上方修正した。

「中国、06年は10%成長」、IMFが上方修正 - NIKKEI NET


日本を除くアジア全体では、年7.7%成長が見込まれています。
アジア株は一時の勢いを失ってしまいましたが、一部の優れた都市・地域が国全体の成長を後押ししているといった様子。

一方の日本国内はというと...

先月から長野松本市、大分市をまわり、そして、今週は福岡を訪れます。
やはり、沖縄出身&福岡で学生時代を過ごした私としては、地方都市の様子が気になります。

8-9月、東京以外で開催したイベントへの参加者ですが、年齢層はかなり幅広く、東京と比べて女性の参加者も多いという印象を持っています。

地方でも、人材が最高の資源であると信じているので、とても喜ばしい傾向です。
ただし、明るい材料ばかりではありません。

巷では経済面の二極化が叫ばれていますが、インターネットが高度に発達した今こそ、情報格差が以前にもまして広がっている気がします。

最近の私は、何かあると、すぐにGoogleで調べます。
欲しい情報のほとんどは、すぐに見つかります。
とても便利な時代になりました。

ですが、そこに落とし穴があります。ちょっとググっただけで、全てを調べ尽くした気になっているだけかもしれません。

最新情報を誰よりも豊富に持つ私ですが、本当に役立つ知恵や将来を予測するビジョンなどは、
実際に中国に住んで(中国から日本に移り住んで)、こつこつと体験を重ねた人には遠く及ばないでしょう。

今週の福岡、来週の東京オフショア開発勉強会では、各分野で活躍される専門家の皆さんとお会いすることを
とても楽しみにしています!!

福岡オフショア開発イベント - 9/15(金) アクロス福岡

|

« 日本企業、またまたベトナムにIT専門学校 | Main | なぜ、中国対応は嫌われるのか?【アンケート依頼】 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/11869163

Listed below are links to weblogs that reference 中国、2006年は10%成長:

« 日本企業、またまたベトナムにIT専門学校 | Main | なぜ、中国対応は嫌われるのか?【アンケート依頼】 »