« やまなみハイウェイ | Main | 1年で従業員の3割が離職 »

「何でもできます」は禁句

無名の弱小ベンダーの悩み
来月から、オフショア開発の会社をスタートさせます。中国では、技術者の採用活動を開始しました。当社のように、実績のない無名の会社が日本で営業するには、どうすれば良いでしょうか。 (東京/中国人経営者)

●日ごろから、たくさんのオフショア開発ベンダーの経営者とお付き合いしている。私の場合は、設立して間もない会社や社員30名以下の小規模ベンダーの話を聞く機会が多い。

●互いに有益な情報交換をする一方、「日本での営業方法を教えてください」と相談を受けることもある。露骨に「仕事を紹介して下さい」と依頼されることも珍しくない。

「今のプロジェクトが終わったら、次の仕事がありません」
「今のお客とは信頼関係ありますが、次を探さないといけません」


●東京では技術者出身の中国人社長とお会いすることが多い。社長自らブリッジSEの役割を担っているようだ。日常の現場作業に忙殺されて、経営者としての活動がおろそかになっている。


■成功の勘所

ブリッジSEとして働く中国人社長は、長期視点に基づいた会社経営が苦手なようだ。先日、実績のない中国人社長から相談を受けた際には、次の2点をアドバイスした。

・無償でもいいから、とにかく仕事をとって実績を作ること
・分野を絞って専門性を高めること。「何でもできます」は禁句。

|

« やまなみハイウェイ | Main | 1年で従業員の3割が離職 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「何でもできます」は禁句:

» あらためまして自己紹介 [中国オフショア開発現場中継! 〜日本人ブリッジSEの北京日記〜]
中国オフショア開発を中心テーマにやっていこうということで、あらためて私がどんな仕事をしているのか紹介したいと思います。 私が働いている会社は、日本向けのソフトウェア開発をメイン業務にしている中国現地企業です。北京をはじめとして、上海・大連・杭州・成都な....... [Read More]

Tracked on September 02, 2006 05:40 PM

« やまなみハイウェイ | Main | 1年で従業員の3割が離職 »