« 薬指 | Main | 【続き】薬指 »

保守開発の「ふたこぶラクダ」モデル

保守業務も中国へ移管したい
開発工程では大きな問題はありませんが、逆に、保守業務を中国へ移管するという課題が大きく、事例やアイデア等があれば、ご教授をお願いしたい次第です。

(情報システム部門/日本人)

●先日、東京の某セミナーで保守開発のオフショア委託事例に関する話を耳にした。「ふたこぶラクダ」モデルを用いて、保守開発の工数積算を図示する発想は特に面白かった。

●セミナーでは、ヘルプデスクやSEからの質問・要望受付の窓口を中国に持っていく「保守センター」のオフショア化などの取り組みが紹介された。


●前出の相談の続き。

保守業務を移管するためのステップとして、どのような形が良いか等、全体的な雛形ができていない状況です。各システム担当者の基準により、移管は進んでいますが、全体的にモヤっとしている感じです。

(情報システム部門/日本人)

↑参考になりましたか(幸地)


■成功の勘所

新規開発とは異なり、保守開発ではコード生成効率を高めても、効果は少ない。障害の切り分け、修正、テストの効率化が有効であるということだ。ここに、保守業務の中国移管が難しい原因が隠れている。

|

« 薬指 | Main | 【続き】薬指 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 保守開発の「ふたこぶラクダ」モデル:

« 薬指 | Main | 【続き】薬指 »