« 【続き】薬指 | Main | オフショア時代のソフトウエア開発者サバイバルガイド »

英語や数式、業界用語で補足

勝手な理解でモノを作り始めます
中国人は、日本語を勉強していなくても日本語をある程度読んで、勝手に理解してしまうため、重要なことを文章だけで表現していると、大きな誤解をまねきかねません。 (日本人読者)

●ある日本人読者のご意見。

我々が英語の文章を理解するのと同様に重要な単語と、しっかりとした図式があるほうが、細かい説明より正確に伝わるということを理解すべきです。中国と日本は同じ漢字でも意味が違うことがあるため、共通語となる英語や数式業界用語で補足したり、説明を加えることも必要ですし、そういう違いを日本側のSEも理解していく必要があります。

そういう意味も踏まえて、日本人がどんどん現地を訪問すべきと思います。現地にいくコストより、手戻りコストの方が高いはずですから。
(日本人読者)

↑「オフショア開発新常識」の情報提供メールが30件超えました。感動です。ありがとうございます。 「中国と日本は同じ漢字でも意味が違うことがある」とのご指摘ですが、どのような事例がありますか。(幸地)

 (例) 空白、空色、「チーム結束して頑張ろう」


■成功の勘所

読者アンケートでは、59%(16票)の方がプロジェクト毎に用語集を作成していると回答してくれた。予想外の中間報告だが、意識の高い会社が増えたのだと実感した。特に3年以上継続して同じ中国ベンダーに発注する会社では、著しい成果が上がっているという報告を受けている。

|

« 【続き】薬指 | Main | オフショア時代のソフトウエア開発者サバイバルガイド »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/12144947

Listed below are links to weblogs that reference 英語や数式、業界用語で補足:

« 【続き】薬指 | Main | オフショア時代のソフトウエア開発者サバイバルガイド »