« こざと偏に[挟]のつくり部分 | Main | 掲示板利用は早い者勝ち »

アウトソーシング重点基地 大連、西安、成都、深セン、上海

日本からの受注増を期待
2010年のアウトソーシング輸出額を05年の4倍にする計画「千百十工程(プロジェクト)」が本格的に始動した。日本からの受注を拡大すると同時に、欧米や国内市場の新規需要も開拓する。

(ジェトロ上海ニューズレター2006年11月下期号)

最新のジェトロ上海ニューズレターより。

・5年間でアウトソーシング基地 10都市を整備
・多国籍企業100社を誘致
・中国系アウトソーシング企業1,000社を育成
・2010年のアウトソーシング輸出額の目標は36億ドル
・新たに西安、成都、深セン、上海を認定(大連は認定済み)
・残りの5基地の候補地としては、北京や蘇州、広州など

中国商務部は、5年後のアウトソーシング市場を昨年比4倍と見込んでいる。もちろん、日本が最大のお得意先である。一方、国内でも、中国と同様なアウトソーシング基地建設の構想が持ち上がっている。内閣府では、沖縄でのオフショア開発拠点事業の推進費として、2007年度予算に向けて14億4000万円を概算要求した。沖縄でのオフショア開発について「需要は確実に存在し、コスト的にも遜色はない。品質で勝負できれば十分に勝機あり」と指摘した。


■成功の勘所

手元にあるあらゆるデータは、オフショア開発・BPOは今後も拡大し続けることを示している。

|

« こざと偏に[挟]のつくり部分 | Main | 掲示板利用は早い者勝ち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アウトソーシング重点基地 大連、西安、成都、深セン、上海:

« こざと偏に[挟]のつくり部分 | Main | 掲示板利用は早い者勝ち »