« 台湾ベンダー | Main | 品質重視、言うは易く行うは難し »

通訳でもブリッジSEになれるかどうかは不明ですが・・・

通訳でもブリッジSEになれるかどうかは不明ですが・・・
SEもわざと難しい言葉やシステムを作り、一般の人が入りにくくなっている。 そのため苦労の浅いエリートが業界をめちゃくちゃにしている感がある。

(アンケート回答者)

中間結果

●東京に拠点を置くオフショア開発ベンダーであった面白い話。

たまにカタカナ外来語が大好きな人種がいます。仕様書ではそれなりに気をつけますが、日々のメールだと意味不明のカタカナが満載。そのAさんからメールで指示を受けた中国人Mさん、辞書をみても分からず、やむなく単語の意味を質問したら、Aさんから再び別のカタカナ外来語を使って説明されました。もちろんこちらも意味不明。

「エンドクライアント」
「スキーム」
「プロモーションサービス」

Aさんに聞いても無駄だと判断。今では別部署にいる仲のいいIT音痴のBさんに質問しているそうです。でも、同じ日本人でも解釈できないそうで、BさんとMさん二人して困り果てているという実話があります。

(本誌発行人)


■成功の勘所

専門家の仕事には、難しい概念を素人にも分かりやすく伝えることが含まれる。ブリッジSE業務が難しい理由の1つは、日本の業務を知らない中国人若手プログラマーに要求仕様を分かりやすく伝えなくてはいけないからだ。だが、ブリッジSEが機能しないのは、ブリッジSEに要件を伝えるあなたの側に問題があるかもしれない。

|

« 台湾ベンダー | Main | 品質重視、言うは易く行うは難し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/12588272

Listed below are links to weblogs that reference 通訳でもブリッジSEになれるかどうかは不明ですが・・・:

« 台湾ベンダー | Main | 品質重視、言うは易く行うは難し »