« 白紙の出張計画 | Main | ベンガルール »

それ、本当にオフショア発注できない分野ですか?

技術流出を嫌がり中国へのオフショア開発は停滞気味
日本では、組み込み系ソフト開発の仕事が増えています。特に携帯 関係。ですが、お客さんの都合によりオフショアには出せません。 ノウハウ流出を恐れているからだそうです。

(中国人オフショア開発営業)

●昨今よく耳にする「技術流出が怖いので中国オフショア開発を避けたい」という態度は本当に正しい選択だろうか。読者の声を2つ紹介しよう。


1 私の関連する案件でも、昨今セキュリティに関する制限がかなり厳しくなってきており、非常に苦労しています。対策になるかどうかわからないのですが、以前このような工夫をしてオフショアに出したことがあります。
・設計をする際に、かなりの部品化を実施
・部品は、それ単体では、ほとんど機能的に意味がないレベル
・部品をオフショア開発
・その部品を組み立てる形で、日本で本体を開発

(日本人読者)


2 本質的な問題は、ユーザーが発注先を信頼できていないことだと思います。そのレベルは「国」レベル、「企業」レベル、「管理」レベル、「技術」レベル、「人」レベルといろいろありますが、少なくとも、このユーザーの方はオフショアをやる前提で発注先を信頼していなければ、そもそも日本国内であろうと外作は無理で「オフショア開発」という手段を本末転倒に執られているような気がします。

(日本人読者)


■成功の勘所

これからアウトソーシングをはじめる企業では、まず自社の保有技術を詳細に棚卸しして、企業の競争力の源泉となるコア・ケイパビリティ(capability)を特定するのが定石だ。一般には、戦略的に重要な技術やノウハウをアウトソーシングしてはいけない。

上記の観点から、あなたの会社で「中国に出してはいけない分野」を全て洗い出そう。もし、3つ以上思い浮かんだら、それは単なる勘違いで、あなたの会社が守るべきコア・ケイパビリティではないかもしれない。逆に、1つも思い浮かばない場合は・・・。

|

« 白紙の出張計画 | Main | ベンガルール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference それ、本当にオフショア発注できない分野ですか?:

« 白紙の出張計画 | Main | ベンガルール »