« 北京出張報告-前半戦 | Main | このメルマガは低レベルだ! »

北京出張報告-後半戦

学食恐るべし!
清華大学の学食で昼食をとることに。ツアー参加者の一部から「学食なんて、やだー」という声も上がったが、着いた先は清華大学の中でも最高級のレストランだった。(北京出張の1コマ)
Beijing_dinner0002

●3日目:2006年10月28日(土)

この日も早朝から大型バスをチャーターして精力的に活動を始める。まず向かった先は、中関村にあるIT人材育成の専門学校。その日は、休日にも関わらず、ちょうどある検定試験の真っ最中だった。11月15日のオフショア開発勉強会では、北京IT人材育成の裏舞台の苦労話が聞けることだろう。私も今から楽しみである。

Qinghua01

昼食まで少し時間が空いたので、中関村の電気街ビルをしばし探索。次に向かったのは、北京大学と並び中国名門大学と評判の高い清華大学のMBAコース(社会人向け)。

Qinghua03


午後は、気を取り直して再び企業視察へ。私の友人から紹介を受けたITベンチャーを訪問した。その会社はMapbar( http://www.mapbar.com )。私は初耳だったが、北京ではかなり有名なベンチャーらしい。土曜日なので会社はお休みだが、特別CEOとCTOのお二人が我々ツアー団体を暖かく出迎えてくれた。

●4日目:2006年10月29日(日)

午前中は北京観光。
Tiananmeng02


Beijing_tiananmeng0003

夜は、前職でたいへんお世話になった上司と会食。設立3年目。従業員50名のうち、博士号保持者が6割を超えるという。日系企業ながら、北京拠点の公用語は英語だ。もちろん、日本本社の研究所とも密に交流を図っている。中国拠点の英語力について、こっそり聞いてみたら、本社研究所と比べて○○○○○○○らしい。
やはりそうであったか。

●5日目:2006年10月30日(月)

翌朝9:00の便で帰国するため今日が実質的な最終日。いよいよ日本向けオフショア開発ベンダーを集中的に訪問する日がやってきた。午前1社、午後2社を訪問した。

1社目は、開発要員1000名を超える中国でも有数の対日オフショアベンダー。副総経理を筆頭に4名の幹部のお出迎え。お忙しいところ、まことにありがとうございます。個人的に興味深かったのは、この会社が特定分野○○○○○に強い人材を大勢抱えていること。この規模まで持ってくると、他社はほとんど太刀打ちできないレベルだ。

2社目は、上海に本社がある社員50名規模のベンダー。金融系、流通系の受託開発を手がける傍ら、日本企業と提携して中国市場向けにドキュメントソリューション事業を展開しようと模索中だ。
Dscf00020002

3社目は、オフショア開発サポーターズとして活動を続ける日本人読者の会社を訪問した。親会社は日本の大手メーカー。これまでは、親会社が受注した案件をこなしてきたが、これからは外販を伸ばしていきたいという。規模はさほど大きくないが、進捗管理、Q&A管理の状況を詳しく教えてもらった。この会社の取り組みはとてもユニークだ。後日改めて紹介したい。
Dscf00070007


|

« 北京出張報告-前半戦 | Main | このメルマガは低レベルだ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北京出張報告-後半戦:

« 北京出張報告-前半戦 | Main | このメルマガは低レベルだ! »