« 仕様変更を伝えるタイミング | Main | 顧客の奴隷にならない »

説明責任

現在、私は1人で会社を経営しています。
部下はゼロ。ですが、いくつかの会社と提携して、
より幅広い事業領域を網羅しています。
Img_01690120

さらに、東京の日本橋オフィスには、常時6名のスタッフがいて、
毎日わいわいガヤガヤと楽しく過ごしています。事務作業の省力化
でかなり重宝していますが、その他にも、些細な相談事や独り言の
お相手をしてもらえるので本当に助かります。

最近では、オフショア開発フォーラムの事務局を
遠隔地の方が担当しています。ですので、私とのやり取りは、
ほとんどメールかスカイプで済ませます。

お気づきでしょうか。アイコーチ社における間接業務の大半は
外部にアウトソースされています。

つまり、わが社はBPO先進企業(^^)。

オフショア開発フォーラム事務局に対して、私は「命令権」を
有しません。ですが、オフショア開発フォーラムの事務局業務
は滞りなく進捗します。

私なりに、オフショア開発フォーラム事務局BPOの成功要因を
分析しました。下記3点が機能しているからこそ、当社BPOは
成功しているといえます。

・強い信頼関係
・十分な説明責任
・万全のチェック機構


2番目の「説明責任」については、昨夜、たまたま流し読みした
ビジネス書(※)にこのような一節がありました。

上司というのは、部下に対してしっかりと説明する責任があります。
報告というと、部下が上司にするものという印象を持っている人も
いるかもしれませんが、結果に対して上司が部下に説明するのも
重要な責務なのです。

※あたりまえだけどなかなかできない 上司のルール


一般に、社外のBPO業者(オフショアベンダー)は、「命令」では
動きません。仕様変更が発生したら、「命令」ではなく「依頼」に
よって対応するのが当然のルール。

効率よく仕様変更に対応してもらうには、相手によく説明して、
相手と相談して、そして協調して動く必要があります。

この一連の流れにおいて、「説明責任」は欠かせない要素です。
自分でBPOを推進するようになってから、より確信が深まりました。

オフショア開発フォーラム

|

« 仕様変更を伝えるタイミング | Main | 顧客の奴隷にならない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/13221524

Listed below are links to weblogs that reference 説明責任:

« 仕様変更を伝えるタイミング | Main | 顧客の奴隷にならない »