« 成都ソフトウェア・フェア出展募集 - 2007年4月19日(木)-21日(土) | Main | オフショア開発リーダーが果たすべき責任とは何か »

正式契約前の仕様レビューの工数を誰が負担すべきか

仕様書の粒度を細かくするなど改善を重ねています
前回の反省を活かして、中国側は見積もり前に仕様書を細かく読み込んでいろいろと質問してくるようになりました。

(オフショア大學の議論より)

オフショア開発を成功に導くには、日本とオフショアベンダーが一体となって、継続的な改善を積み重ねるしかない。中国が作業に着手する前に仕様書の不備を指摘する、日本は指摘を受けて仕様書の精度を高める。なんて美しい、理想的な光景だろうか。

ところが、ここで1つの疑問が湧いてきた。オフショアベンダーが正式に受注する前に仕様書を細かく読み込む工数を「誰」が負担すべきか。理想と現実のギャップが大きい、賛否両論を呼びそうな課題である。

【関係者の声】

・うちでは中国サイドの工数でした

・発注側です。オフショア開発を行う場合、単なる仕様説明を行って、開発を始まると、後々質問や確認など絶えずに出てきて、結局オーバヘッドが発生しやすいでしょう。

・見積前に1~2時間仕様書に目を通すのは、こちらの負担だと思います(オフショアベンダ側)


■成功の勘所

日本の要求仕様書は粒度が粗いことに加えて仕様も未確定。そのため、中国側は見積もり前に仕様書を細かく読み込んでいろいろと質問する作業が必須である。

このようなオフショア開発を正式に契約する前に発生する仕様把握の工数を誰が負担しているのだろうか。実態を把握したいので、理想論「~すべき論」ではなく、あなたの組織の現状で答えなさい。

◆発注側
◆受注側
◆双方で折半
◆その他

○結果を見る
○コメントボード


締切:2007年03月23日23時00分
協力:クリックアンケート

|

« 成都ソフトウェア・フェア出展募集 - 2007年4月19日(木)-21日(土) | Main | オフショア開発リーダーが果たすべき責任とは何か »

Comments

受発注において、通常で考えれば、複数の会社に対して、見積を出すように要求し、契約先を決定するプロセスで、契約しなかった会社に何かの支払いを行うことはないでしょう。正式契約前というのが、契約をすることは確定済みであるのか、それとも他社との競争がある状況で、契約できるか否か未定なのかで、その費用の負担は、変化するのではないでしょうか。実際は、見積の中に、契約前の仕様理解の費用を設計費用として盛り込むことになるでしょうが、契約しなかったら支払われないわけです。
その意味では、契約されなかったら、受注側。契約されたら発注側の負担ということになるといえるのでは。

Posted by: 松原 | March 15, 2007 at 05:17 PM

当社の規定をそのまま援用しており、契約受注前の見積作業に対する仕様理解は受注側営業行為と分類しています。従って、受注側負担です。
但し、見積書の中に必ず作業準備工数を定義し受託工数に含めます。
実際の開発実行前の仕様理解、パイロット作成、メンバートレーニング費用が対象となります。契約締結後は発注側負担となりますね。

当然、契約検討時にここの部分は協議が発生いたします。すんなり負担を認めていただけない場合もありますが、そのリスクは受注側(=オフショア)が負います。

これはオフショアに限らず、アウトソーシング一般の話しではないでしょうか。

Posted by: 渡邉 誠 | March 15, 2007 at 05:18 PM

> 松原さん
> その意味では、契約されなかったら受注側。契約されたら発注側の負担

> 渡邉さん
> 従って、受注側負担です。

ご意見ありがとうございます。わが国のソフト業界では、ごく一般的な慣習かもしれませんね。これが親子間の取引であったり、継続的な改造案件だったりすると、また違った状況になるのでしょうか。

日本国内では、提案営業と称して、膨大な時間と工数をかけて提案書を作成する習慣があります。これこそが営業だ!といえばそれまでですが、体力のない小規模ベンダーにとっては無償サービスと有償サービスの線引きが難しいかな。

Posted by: 幸地 司 | March 15, 2007 at 05:19 PM

初めまして、お邪魔します。
いきなり話をぶった切って申し訳ないのですが、
昨日mixiにて日記にコメントをいただいた
ヒゲラジオと申します。

コメントいただいたおかげで、
こちらのサイトの存在を知ることができました。

非常に興味のある内容なので、
こちらで勉強させていただこうと思います。
声をかけていただき、ありがとうございました。

Posted by: ヒゲラジオ | March 16, 2007 at 12:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/14270486

Listed below are links to weblogs that reference 正式契約前の仕様レビューの工数を誰が負担すべきか:

« 成都ソフトウェア・フェア出展募集 - 2007年4月19日(木)-21日(土) | Main | オフショア開発リーダーが果たすべき責任とは何か »