« Windows Vista、仕事では安心して使えない | Main | SNSか従来型掲示板か、そこが問題だ »

「私は英語が話せます」のレベルとは

私は英語が話せます

日本人:何年も留学・駐在して、native同様に英語を話すレベル
中国人:辞書を使って仕様書を読めるレベル。
    採用面接では、挨拶程度の実力あれば英語ができると主張。

新年度に入り、新しい読者が一気に増えた。そこで、経験者には耳タコかもしれないが、久しぶりに初歩的なネタを紹介する。社内で初心者を指導する際に使っていただきたい。

日本と中国では、大丈夫/出来ました/理解したの意味が微妙に異なる。

「大丈夫です」

日本人:全体が100%完璧であるときに使う表現
中国人:全体の一部が大丈夫であれば、使ってよい表現


「(プログラムが)出来ました」

日本人:あらゆる条件に合格する成果物が完成した
中国人:自分で定めた基準に合格することのみを保証
    (合格基準は、通常日本側のそれよりも甘い)


「(仕様を)理解しました」

日本人:100%OK。これでオフショア開発に着手できる
中国人:説明されたことは理解した。抜け漏れがあれば、また説明してください


■成功の勘所

日本と中国では、大丈夫/出来ました/理解したの意味が微妙に異なる。

ただし、不用意に「中国人とは・・・」を語ると、過度の一般化を招き、聞き手に不快感を与える恐れがある。「全ての中国人がそうとは限りません!」と反論されることもあるので、説明するときには相手への配慮を忘れずに。

ここでクイズ。

あなたは、中国人にレポート作成を依頼しました。すると、相手は「ハイ、了解しました」と快く返答。その直後に「レポートのサンプルをください」といわれました。中国人がサンプルを欲しがる理由を全て挙げなさい。

|

« Windows Vista、仕事では安心して使えない | Main | SNSか従来型掲示板か、そこが問題だ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/14630077

Listed below are links to weblogs that reference 「私は英語が話せます」のレベルとは:

« Windows Vista、仕事では安心して使えない | Main | SNSか従来型掲示板か、そこが問題だ »