« 関空か伊丹か、それが問題だ | Main | 伊丹空港が便利ですが、今回は関空ということで »

「了解です ⇒サンプルをください」のリスク分析

クイズ「了解です⇒サンプルをください」のリスクを分析せよ
あるオフショア開発プロジェクトの納品直後の出来事。発注側のあなたは中国企業に対して「バグ原因を詳細に分析して、問題発生の傾向と対策を報告しなさい」と指示したところ、中国から「了解しました」と快く返事が返ってきた。

ところが1週間経っても音沙汰なし。そこで、あなたはもう一度催促した。今度は「報告書のサンプルをください」と中国から回答があった。

あなたは、この会話から危ない兆候を感じ取れたか。この会話に潜むリスクを全て洗い出しなさい。なお、品質評価レポートの作成は、最初からプロジェクト計画に含まれていると仮定する。

(オフショア大學/事例研究課題 より)

今日も、オフショア大學の講義から話題を提供する。

あるオフショア開発のプログラム納品直後に品質評価報告書を提出するよう指示したところ、「了解です ⇒ サンプルをください」と回答があった。

あなたは、上記の課題文からいくつリスクを抽出できただろうか?

・納品済んだので、既にメンバー解散しちゃったリスク
・バグを潰して時間が経ったので、もはや問題分析できないリスク
・報告書作成のモチベーションが低下しちゃったリスク

少し考えただけでも、これだけのリスクが思い浮かぶ。他にもいろいろあるだろう。報告書作成(reporting)には高度なスキルと経験が要求されるが、経験の浅い中国人リーダーはその訓練を受けていない可能性がある。

問題解決(problem soluving)に必要な能力が備わっていない開発リーダに報告書作成を依頼しても、最初の取っ掛かりすらつかめないだろう。

・事実ベースで状況を分析する力
・論理思考で課題を発見する力
・理想論ではなく現実的な解決策を打ち出す力
・相手に伝える提案力&プレゼンテーション能力


■成功の勘所

オフショア開発プロジェクトの評価報告をまとめるとき、言語や文化・商慣習の壁が立ちふさがると「ダメだこりゃ。もういいや」となって、PCDAサイクルを正しくまわす気力が失われる。オフショア推進の動機付けを失ったら、この組織はもうおしまいである。

|

« 関空か伊丹か、それが問題だ | Main | 伊丹空港が便利ですが、今回は関空ということで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/14567742

Listed below are links to weblogs that reference 「了解です ⇒サンプルをください」のリスク分析:

« 関空か伊丹か、それが問題だ | Main | 伊丹空港が便利ですが、今回は関空ということで »