« 問題を抱えつつも中国拠点に開発環境を移行します | Main | 文化・価値観の相違からくる対立を避ける妙案 »

悪評もらってこそ一人前?

人類の宗教戦争をなくす妙案など本当に存在するのでしょうか。

私は、学生時代のある体験を思い出しました。家庭を1件ずつ訪問して□□教の布教活動を行う女性信者との会話の中で、

「沖縄ではいたるところ神様だらけさ」

と私が発言したところ、即座に思いっきり否定されました。
当然、私はむっとしました。すなわち、一神教徒の彼女は、多神教の考えを受け入れられませんでした。

この場で宗教議論を吹っかけるつもりはありません。
上記は、異文化コミュニケーションの難しさを示す、格好の題材だなーと再認識したことをお伝えしたかっただけです。

他人の信仰や意見・考え方を頭から否定する人がいます。
本誌でも、たまに(意図的に)、賛否両論となる議論を投げかけることがあります。

すると、賛否両論の議論が活性化して、私の想像を超えたコメントにめぐり合えます。これって、とても幸せなことです。打てば響く環境があると、私のモチベーションがぐんとアップします。

ところが、一方で、これまでに、びっくりする様なご批判メールも多数届いています。

「あなたは、相手の面子をつぶした」
「こんな低レベルなメルマガは即座に廃刊しなさい」
 ・・・

最近も、個人ブログに低レベルな批判が投稿されています。
面白いので、こちらからわざわざ削除することはありません。

そもそも、ご批判・悪評メールの大半は一方的な誤解が原因ですが、それだけ幅広い層に認知されるメディアに成長したのかと思うと、ちょっぴり自画自賛したりして。

|

« 問題を抱えつつも中国拠点に開発環境を移行します | Main | 文化・価値観の相違からくる対立を避ける妙案 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 悪評もらってこそ一人前?:

« 問題を抱えつつも中国拠点に開発環境を移行します | Main | 文化・価値観の相違からくる対立を避ける妙案 »