« 日本を救う父の行動原理 | Main | グループ課題サイコーです! »

ウイークリーニュースダイジェスト(2007/6/15)

●毎週金曜日は、ウイークリーニュースダイジェストをお届けする。


・2007/6/7 - 新華社
4月までの浙江省ソフトウエア輸出は金額で60.3%増に

ソフトウエアの主な輸出先は日本、香港、米国。1-4カ月間に浙江省が輸出したソフトウエアは日本へ前年同期比31.5%増の447万ドル。


・2007/6/1 - nikkei BPnet
中国ソフトウエア業界の悪循環 人材流出が企業規模拡大を阻害

新規採用の社員は通常、仕事を覚えるまで3~5カ月の期間が必要だ。新たに採用した社員も1年ほど働くと、IBMやヒューレット・パッカードなどの大企業に引き抜かれてしまう。


・2007/5/24 - 読売新聞
高度成長に自信あるが、慢性的な人材不足に危機感--Fast500ランキングCEO

今後5年間にオフショアリングする人員の割合について、大多数の企業は自社のグローバルでの従業員のうち、少なくとも10%をオフショアリングすると予想している。また、アジア太平洋地域では、回答した17%の企業が全従業員の40%をオフショアリングすると予想しており、他地域よりも高い結果となっている。


・2007/6/13 - Computerworld.jp
顧客が重視するコールセンターの条件は「迅速な問題解決能力」と「所在地」

(顧客サポートの)オフショアリングは顧客満足度に悪影響を与える。国外にいるCSRは問題をうまく解決できないことが多いからだ。


・2007/6/13 - 日経新聞
カースト制度が土台となったインドIT企業の強み

プロジェクトの規模が大きいほど、大量の技術者を投入すればするほど、彼らのやり方の優位性が際立つ。これがインドIT産業の強みである。これができるのも、皮肉なことだがカースト制度の土壌のためだと私は考えている。


・2007/6/13 - @IT情報マネジメント
経営者はなぜソフトウェア開発環境展に足を運ぶのか

SODEC」では、毎回その年に注目されるテーマごとに、いくつかの特設ゾーンを設置し、各ゾーンのテーマに合った製品やサービスを提供するベンダを集めて展示を行っている。今回は、「システム開発受託・オフショア開発ゾーン」他、6つのゾーンが特設された。

|

« 日本を救う父の行動原理 | Main | グループ課題サイコーです! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウイークリーニュースダイジェスト(2007/6/15):

« 日本を救う父の行動原理 | Main | グループ課題サイコーです! »