« 民法が制定された時代背景は・・なので・・です | Main | 日本を救う父の行動原理 »

プロマネ資格はオフショア開発で通用しないのか

素人の素朴な疑問
プロマネ資格はブリッジSEの業務に役立たないのですか?

(日本人/製造業勤務)

オフショアリングに全く縁のない製造メーカに勤務する友人との会話より。
(◇:幸地 / ◆:友人)


◇オフショア開発への関心は高まる一方ですが、問題も多いです。

◆オフショア開発における最大の問題は何ですか?

◇経営戦略面の問題も多いけど、実務面ではコミュニケーションの問題が圧倒的多数を占めると思う。

◆どうすればコミュニケーション上の問題を解決できますか?

◇日本と中国を橋渡しするブリッジSEの活躍に依存することが多い。でも、調整能力に長けたSEは、国籍を問わず数が少ないのが現状。

◆ブリッジSEに必要な要件は何ですか。

◇技術力よりも、マネジメントやリーダーシップ、調整能力などのヒューマンスキルだといわれます。

◆ソフトウエア業界にはプロジェクトマネージャーの資格があるでしょ。何ていったっけ・・・。

◇PMP(Project Management Professional)試験が有名かな。中国でも幅広く認知されています。

◆こうしたプロマネ試験を勉強すれば、ブリッジSEが簡単に育つのではないか。

◇そうはいっても、現実には・・・(もごもご)

◆ということは、プロマネ資格をとってもブリッジSEの業務には役立たないのですか?

◇資格勉強で得た知識が現場で通用するとは限らないから・・・。

◆ということは、PMP試験はオフショア開発で通用しないのですか。では、プロマネ資格の他に何を勉強すればいいのですか。

(この後も、厳しい突っ込みが続く・・・)


■成功の勘所

もし、あなたが、オフショア素人から「プロマネ資格はブリッジSEの業務に役立たないのか?」と聞かれたとき、どのように答えればよいだろうか。特に製造業のラインマネージャーを相手に、論理的かつ簡潔に説明しなくていはいけないとしたら、あなたならどう反応するか。

※本誌発行人によきアドバイスを!

(その場は適当にごまかしましたが、理詰めで納得させないと、
 また後からごちゃごちゃ言われてしまうので)


☆プロマネ資格はオフショア開発で通用しないのか、と問われたら、
 あなたは何と答えますか

◆通用しない、と答える
◆通用する、と答える
◆その他


○結果を見る
○コメントボード


締切:2007年06月21日23時00分
協力:クリックアンケート

|

« 民法が制定された時代背景は・・なので・・です | Main | 日本を救う父の行動原理 »

Comments

結局、PMPは国内で通用するか?という問題と同じだと思われます。

通用しない人は通用しないし、PMPを持っていなくても成功しているプロジェクトは数多くあるはずです。

オフショア(というよりは、海外と仕事する上で)の利点は、プロジェクト管理用語が統一される事ではないでしょうか?

各々「オレ流プロジェクト管理」ですと、言葉1つでもアウトプットが異なってきてしまいますので。

Posted by: しみけん | June 17, 2007 04:04 PM

現場経験の豊富なしみけんさん、いつもコメントありがとうございます。ブリッジSEに必要な要件のうち、PMPの範囲外のものがあれば、ぜひ指摘してください。

例えば、語学力が挙げられますね。ブリッジSEは共通言語を流暢に話さなくてはいけません。論理思考や交渉術はいかがでしょうか。PMPや他資格でもカバーしているのかな。

Posted by: 幸地司 | June 17, 2007 04:05 PM

通用する.
一つとして同じプロジェクトはないと考えています。部分的には、同じことの繰り返しがあっても。オフショアでもコミュニケーションマネジメント、サブコントラクトマネジメント等をオフショアにできるようPM自身が考え実行しなければなりません。SE、PM自身がこのことに忠実でないから失敗が起こるのです。

Posted by: 秦 忠和 | June 17, 2007 04:07 PM

「資格」はあくまでも一種の認証パスです。車を運転できないペーパドライバも居ると同じ、PMP資格を持っても、プロジェクトをマネジメントすることができない人も居る。オフショア開発に「通用」するかどうかは「資格」ではなく、勉強した知識の活用ができるかどうかと思います。PMP資格を持ってれば、一応プロジェクト管理に必須な知識を勉強したということで、オフショア開発には「有利」だと思います。「通用」迄はまだ言えないでしょうね。

Posted by: 戴春莉 | June 17, 2007 04:08 PM

PMP資格はオフショアだろうと国内だろうと、現場では全く役にたっていません。国内でさえも役に立たない資格が、国際的な場で役に立つと思う方がどうかしている。

Posted by: とおりすがり | June 17, 2007 04:10 PM

秦さん、戴さん、とおりすがりさん、それぞれの立場からのコメントありがとうございます。仲良しの中国人の友達がいれば「中国はいい」と思うし、中国の初印象が悪いと「中国は最悪」となります(タクシーでぼられた/順番待ちで飛ばされた/ぬるいビール/汚いトイ)。

その点は、PMPもCMMもMBAも一緒かもしれません。PMPの思想を理解して、プロフェッショナルとしての人格を磨き、学んだ知識を仕事で正しく実践すれば、PMP資格はどこに行っても絶対に役立ちます。現実として、資格勉強さえすれば、プロ自覚を持たず、実戦経験がゼロで、かつ、頭でっかちで実践しない人でもPMP試験には合格します。会社の人数合わせに付き合わされたPMP合格者も多いのでは(笑)。

また環境も無視できません。PMPや他資格を有したプロマネでも、十分な権限が与えられない、会社や同僚からのサポート体制が未整備であれば、力を発揮できないでしょう。オフショア開発コーディネーター(or BSE)も同様で、環境依存の部分が少なくありません。転職先で力を発揮する人がいるのも事実。

これからも、あなたの体験に基づく具体的なコメントを歓迎します!

Posted by: 幸地司 | June 17, 2007 04:11 PM

オフショア開発で失敗する人は、個別の問題に意識が向きすぎていて、全体を統合するバランス感覚が弱いような気がします。

・プロセス
・仕様書
・コミュニケーションスキル

どれも重要な成功要因ですが、プロジェクトを成功に導くためには、全体統合するマネジメント(management)の視点が欠かせません。以前、どこかで「管理」という日本語は大嫌いという発言がありましたが、管理の意味が十分に共有されていないからだと思います。

先週、琉球大学の授業で「管理」とはどういう意味ですか、と社会人の研修生に質問しました。続いて、「○○管理」を英語に訳すとどうなるか(例えば、費用管理、契約管理)、と聞きました。すると、講師が泣いて喜ぶ(^^)典型的な間違った答えが返ってきました。

研修生A「管理とは、コントロール(controll)です」
研修生B「管理とは、マネジメント(management)です」

この場合、AもBも正解です。

ところが、費用管理を英訳すると、Bが正解でAは間違い。契約管理も品質管理も、あるいはプロジェクト管理も全て「マネジメント(management)」です。授業ではさらにこう続けます。

「managementとcontrollの違いは?」

ここまで追求すると、経験の浅いプロマネ候補生にも全体統合の大事さが伝わります。オフショア大學第2期では、事例を用いてマネジメントに関する理解を深めてもらおうかと検討中。

Posted by: 幸地司 | June 17, 2007 04:13 PM

PMP資格はオフショアだけではなく、すべてのプロジェクトに役にたつと思っています。
そういえば誤解されるかも知れませんが、実に役にやつのは資格ではなく、PMBOKの思想だと思います。この資格を取得のおかげで、全面的にPMBOKを勉強できて、よかったと思っています。
もし、オフショア開発の全員がPMBOKの考えがあれば、やりやすいでしょう。
なので、PMPは資格だけではなく、知識体系だけではなく、プロジェクトに対する1種の考えだと思います。

Posted by: レイコ | June 17, 2007 04:14 PM

レイコさんはPMP合格者ですね。PMBOKの思想のうち、特にオフショア関係者に伝えたい重要なポイントは何でしょうか。

Posted by: 幸地司 | June 21, 2007 04:14 PM

幸地司さん PMBOKの思想のうち、特にオフショア関係者に伝えたい重要なポイントは
ステークホルダーのニーズの明確化により、スコープ定義(用件定義)の明確化、PDCAの確実化だと思っています。

Posted by: レイコ | June 21, 2007 04:15 PM

レイコさん、コメントありがとうございます。今週の第1期生の打ち上げに参加できず残念。「PMPは役立つ」と主張すると、能力を批判されることがあるので注意してくださいね。

ちなみに私の考えは「PMP(PMBOK)の思想は超有用。一方、PMP合格者でも使えない人が多い。でも、PMPで成長した人も多い。」です。

Posted by: 幸地司 | June 21, 2007 04:17 PM

幸地司さん 他のことも同じだと思いますが、PMP(PMBOK)の思想を信じて、勉強する人であれば、超有用になります。逆に、単純な資格の為であれば、ただの資格という名目になります。資格の勉強を通じて、勉強になるのは一つの手段です。弊社は資格のためではなく、とにかくPMBOKを勉強して、理解するという視点で展開しています。

Posted by: レイコ | June 21, 2007 04:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プロマネ資格はオフショア開発で通用しないのか:

« 民法が制定された時代背景は・・なので・・です | Main | 日本を救う父の行動原理 »