« my portfolio再構成 | Main | 朝から偽装饅頭報道 »

教育熱心と人材育成は別物

出来ない人は最初からプロジェクトチームに加えない

オフショア人材育成の仕組みが充実したこともあり、開発チームは出来る人だけで構成すべきという中国人マネージャーと、どんな状況下でもOJTは有用だと説く日本人マネージャーが感情的に対立した。あなたのご意見は?

・中国人の主張を支持する (17票)53%
・日本人の主張を支持する (6票)19%
・その他 (9票)28%

「当然中国人マネージャーを指示する。理由:論理的に説明すると、100行程度必要だが、一言でいえば、中国だから。」

(アンケート途中結果より)

もし人材が無尽蔵にいて、初心者が一人前に育つ環境やシステムが充実しているのであれば、わざわざ仕事を通じて技術者を養成する必要はあるまい。米国の大リーグ(MLB)は、この発想だと思う。

中国社会の教育熱心さは疑う余地はない。ところが、経営者や企業幹部の人材育成に対する考え方は、日本人の価値観とは大きく異なるようだ。

かつて、東京で会社を興した中国人社長が、日本人従業員に語ったセリフが今でも印象に残っている。

「性格の良し悪しで従業員を判断してはいけません」

「後もう少し頑張れば出来るようになるのに・・・という従業員がいたら、遠慮なく切ってください」

日本と中国、そしてベトナムやインドも含めて、それぞれ人材に対する価値観が違うようだ。当然ながら、国や文化・宗教によって、人間の命の値段も異なる。


■成功の勘所

下記の設問の「出来る人」とは中国人技術者であり、あくまでも中国大陸からの人材調達を念頭においている。もし、私の故郷沖縄で「出来る人」だけ採用します!と宣言したら、良識を疑われてしまうだろう。

また、一般には、ホームランバッターを揃えた野球チームが必ずしも優勝するとは限らない。その理由はなぜ?あなたにとってのオフショア開発で通用する「出来る人」とは?

|

« my portfolio再構成 | Main | 朝から偽装饅頭報道 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 教育熱心と人材育成は別物:

« my portfolio再構成 | Main | 朝から偽装饅頭報道 »