« 打率3割バッターでも平凡 | Main | 事務局うれしい悲鳴 »

同じ問いかけでも対照的な2つの反応

【練習問題】日本人の曖昧なQ&Aを改善する
 あなたは、中国ベンダーの担当者から以下の相談を受けた。日本人に質問すると曖昧な返事ばかりよこすので、中国側の判断ミスを招いてしまう。いったい、どうすれば改善されるか。

(本誌発行人)

昨日の練習問題に対して、対照的な読者メールが2通届いた。


・メルマガの事例は次元が低すぎます(中国人/Aさん)


・「コミュニケーション強化」のことで、自分の実体験と考えを申し上げたいと思います。・・・ 解決策とは言えないかもしれないですが、ご参考までになれば、嬉しい限りです。出題された練習問題のような具体的な例があると、検討しやすくなります。(中国人/Bさん)

本誌バックナンバー 第674号
http://www.ai-coach.com/backno/cip0674.html


前者のメールについて。人格攻撃メールは即ゴミ箱行きだが、記事に対する純粋なご批判あれば、真摯に受け止めるよう心がけている。

メルマガで取り上げる事例の「次元」の高低は、結局のところ読み手が決定するしかないと考えている。そこで、Aさんへは、次のような返事を出した。「次元の高低を判定するあなたの基準を教えてください」と。どのような判定基準なのか、興味津々である。

後者のメールについて。Aさんとは対照的に、Bさんは与えられた練習課題に正面から取り組んだ。私が主宰するオフショア大學では、入学後すぐに「事実・体験」と「意見・~べき論」を分けて考えよと叩き込まれる。

Bさんは、自分の体験に基づき、曖昧なコミュニケーションの原因を整理して、実際にやったことのある複数の対策を紹介してくれた。オフショア大學でも通用する論理展開であった。詳細な回答をいただいたので、こちらも詳細なコメントを返信した。


■成功の勘所

練習問題「日本人の曖昧なQ&Aを改善する」に挑戦しよう。教科書のような模範解答ではなく、あなたの体験に基づいて回答の流れを構築しなさい。

もし「時間をかけてしっかりQ&Aをレビューする」と回答したいのなら、レビューの標準時間、レビュー観点、レビュー方法等を、過去の体験を思い出しながら具体的に記述しなさい。

|

« 打率3割バッターでも平凡 | Main | 事務局うれしい悲鳴 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 同じ問いかけでも対照的な2つの反応:

« 打率3割バッターでも平凡 | Main | 事務局うれしい悲鳴 »