« 多国籍技術者が100名いたらブリッジSEは何人必要か | Main | エレベーター内の会話禁止 »

東アジアの民族文化

今日もオーストラリアの眩しい太陽の下から
仕事モードでお届けします。

ペンションから車で15分ほど離れたところに、
ゴールドコーストの最南端があります。
すなわち、数十キロも続く真っ白な砂浜が途切れるところ。

私たち出張仲間はレンタカーを飛ばして、
真っ青に広がる快晴の空の下でランチを食べました。

中国オフショア開発の世界にどっぷり漬かっていると、私たちは日
本と中国の違いにのみ目が向いてしまいます。ですが、世界的には
東アジアの民族は似たような文化を持っていると考えられています。

例えば、インド、U.Sなんて、東アジアの文化とはまるで違います。
ラテン系なんて、私からすれば宇宙人です。

|

« 多国籍技術者が100名いたらブリッジSEは何人必要か | Main | エレベーター内の会話禁止 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/16294139

Listed below are links to weblogs that reference 東アジアの民族文化:

» 中国と日本、民族文化・社会意識の違い1 [中国から見た中国と日本の違い]
 中国も日本も仇に対し根に持ち、忘れがたい民族分化がある。特に中国では「父仇子報(父の仇は子が報いる)」「父債子環(父の債務は子が返済)」という言葉があるように「恩讐」をはっきりと分別して、返さなければならないと考えている。 また、何世代経ってもその...... [Read More]

Tracked on September 08, 2007 at 08:16 AM

« 多国籍技術者が100名いたらブリッジSEは何人必要か | Main | エレベーター内の会話禁止 »