« またTVで中国BPO特集 | Main | メタボ注意報 »

カリスマ型マネージャーと個人主義

優秀な中国人マネージャー、駄目な中国人マネージャー
カリスマ性が少ないマネージャーだとトラブルになることが多い

(オフショア大學第2期より)

今月のオフショア開発勉強会では、古典的な異文化コミュニケーションの理論を用いて「日本人は集団主義、中国人は個人主義」の落とし穴を紹介した。

オフショア大學第2期の受講生が、中国人は組織ではなく、魅力のある上司のために働く気質があるとコメントした。対照的に、日本人はダメなマネージャーの下でも、組織のためちゃんと働くとのこと。

かつて、このマガジンで、中国人IT技術者の集団辞表について紹介したことがある。

: ある中国人読者は、中国人プログラマーと直属上司との関係の例
: を見事に説明してくれた。
:
: > 自分が頑張ったことをリーダーがちゃんと見ているか、
: > リーダーが自分をどう評価しているか、
: > 中国のプログラマたちはとても強い関心を持っています。
: > リーダーに認められたら、昇進や給料アップに直接つながります。
: >
: > 同時に、自分のリーダーが昇進したら、
: > 自分も一緒に連れて行くかもしれないと考えている人は少なくな
: > いと思っています。中国企業では、
: > 従業員が集団で辞表を提出することは珍しくありません。

            (第475号 集団で辞表提出 2006/7/20)


■成功の勘所

「中国人は個人主義」の根拠を列挙しなさい。
「中国人は集団主義」の根拠を列挙しなさい。

中国オフショア開発の担当者として、あなたが抑えておくべき要諦を整理しなさい。

|

« またTVで中国BPO特集 | Main | メタボ注意報 »

Comments

>日本人は集団主義、中国人は個人主義
これは正確な評価だと思います。
例は数えられないほど多いですが、良く見えているのは障害が発生したとき、問い合わせすると、同じチームの人にしても、「それは私のコーディングではないので、分かりません」の返事が来ます。
以前日本で一緒に仕事している中国人はお客さんに聞かれて、「私は担当者ではないので、分かりません」の答えをしたら、会社から首になった覚えがあります。

Posted by: レイコ | September 20, 2007 at 10:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/16499720

Listed below are links to weblogs that reference カリスマ型マネージャーと個人主義:

« またTVで中国BPO特集 | Main | メタボ注意報 »