« イベントすっか | Main | 異文化コミュニケーションの資料作成、自画自賛 »

正直ベースの見積もりをもらうための情報開示

見積もりが高いとすぐに他社に持っていかれる
日本企業の見積もりは理想論に走りすぎ。コスト削減が最優先です。でも中国ベンダはパートナーと良い関係を守ること一番大切です。

(中国人読者)

中国ベンダが抱える日本への不満。

・日本企業は中国にコスト削減ばかり要求してくる
・見積もりが高いとすぐに他社に仕事を奪われる
・日本企業は中国を信頼しないので、大きな仕事を発注しない
・仕様変更で予算超過しても「次回調整」で済まされる


日本への不満の大半は、仕様や開発プロセスの曖昧性について。次いで、発注方式や見積もりに関する内容が多い。読者アンケートのコメント欄には、日本人の常連さんから、次のようなご意見が届
いている。

・正確な見積に必要な情報であれば、須らく開示しています。開示した上で「正直ベース」では無い部分についてリスクマージンや生産性を相談し、「実行可能」な体制・工数の見積提示を頂く事が、開発委託完了するための最も安全なアプローチと考えていま
す。

・(「全ての情報を開示すべきである」と回答)こっちが信用しないと、向こうも信用しないのかなと思いますので・・・。


■成功の勘所

その他の読者の声より。

・各フェーズの定義、設計基準、レビュー範囲、テスト粒度、進捗管理、納品/検収基準などの共通基準を整備した上で、コスト/品質ランク比数、工数計算係数、品質下限の意識を共有する。そうすれば、話と判断の基準が明確になるので、余分の情報が要
りません。

↑見積もりに関するトラブルを未然に防ぐために、オフショアベンダに開示すべき情報をリストアップしてくれました。ありがとうございます。(幸地)

|

« イベントすっか | Main | 異文化コミュニケーションの資料作成、自画自賛 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/16357884

Listed below are links to weblogs that reference 正直ベースの見積もりをもらうための情報開示:

« イベントすっか | Main | 異文化コミュニケーションの資料作成、自画自賛 »