« 他園区はみなライバル by 蘇州 | Main | 3キロ減 »

AOTS中国IT産業管理研修より

大手企業に人材を根こそぎ奪われていく
体力のある企業なら、中国内陸シフトして人材争奪戦に対抗すればよい。だが中小には限界がある。いかに早く対日オフショア業務で活躍する人材を育てられるか、それが課題である。
(上海・中国人経営者)

先日、中国から来日された中国人管理者20名に対して、日本市場の最新動向をレクチャーした。参加者は誰も日本語を話せないという特殊な環境。AOTSさん、見事な舞台をご用意いただきありがとう。

ベテラン通訳を介して、3時間みっちりしゃべってきた。今年一番の緊張であったが、通訳との息もぴったり。結果は大満足。自分を褒めてあげたい。

財団法人 海外技術者研修協会(AOTS)


日本のソフトウエア市場をほとんど知らない受講者だからこそ、レクチャー後の質疑応答は難しかった。中には「bridge SE(英語)」を知らないという方もいるので、言葉を慎重に選んで精一杯答えた。

Q.ベトナム発注もいいが、中国内陸の方がもっと条件がよいはずでは?
Q.日本企業に社員数を聞かれたら多めに答えた方が印象がよいか?
Q.中国だって仕様は曖昧だし、お客様は偉い。日本と同じでは?


■成功の勘所

こんな質問も飛び出した。私は一瞬答えに詰まってしまったが、あなたなら何と答えるか?

Q.中国内陸に20名のソフト開発部隊がいる。昔は対日オフショア開発の実績があるが、今は日本企業との取引はない。日本企業と取引を再開したいが、どうすればよいか。


|

« 他園区はみなライバル by 蘇州 | Main | 3キロ減 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/17065143

Listed below are links to weblogs that reference AOTS中国IT産業管理研修より:

« 他園区はみなライバル by 蘇州 | Main | 3キロ減 »