« 帰国 | Main | AOTS中国IT産業管理研修より »

他園区はみなライバル by 蘇州

蘇州でもIT人材の人件費上昇が目立つ
ですが、上海と比べて相対的な生活費が安いので人材定着しやすい。
(蘇州工業園区・中国人)

2007/11/7(水)、沖縄視察団上海出張アテンドの三日目。

今週、沖縄から20名余の上海オフショア開発事情視察団が到着した。月火水の3日間は、上海、杭州、蘇州の各ソフトウェアパークを駆け足で視察する。

三日目は、朝9:00に杭州ホテルを発って蘇州に向かう。お目当ては壮大なビジョンと広大なスケールが自慢の蘇州工業園区。

・グレート蘇州だけで、国家レベルのパークが5つある。
・さらに州レベルでも23の園区。これらはみなライバルである。
・中国内の競争を勝ち抜くには、政策上の優位性が欠かせない。
・蘇州工業園区の人材は半数が地元出身者、半数が外部からの流入
・新卒の募集は簡単。1万人の新卒募集に対して8万人の応募者あり。
一方、経験者の不足は相変わらず困難。


■成功の勘所

蘇州工業園区の企業誘致担当者曰く、

蘇州でもIT人材の人件費上昇が目立つ。しかしながら、上海と比べて相対的な生活費が安いので人材定着しやすい。最近はどの企業も人材トレーニングに力を注ぐ。中国商務部から一人当たり4,500元のトレーニング補助金が貰える制度があった。これが、いつまで続くかは不明。

|

« 帰国 | Main | AOTS中国IT産業管理研修より »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 他園区はみなライバル by 蘇州:

« 帰国 | Main | AOTS中国IT産業管理研修より »