« 米国系企業が数百名単位でIT技術者を根こそぎ奪っていく | Main | 杭州ハイテク技術産業開発区は民間主導 »

中国で最後まで泡盛を呑む人々

前日に引き続き、杭州でも沖縄の地酒『泡盛』を会場全体に振舞いました。沖縄県産業振興公社上海事務所から差し入れです。毎度ありがとうございます。

ただし、最後まで泡盛を飲んでいるのは全て沖縄人。
郷に入っても、郷に従わず。

上手い酒を呑んで幸せそうな人たち。誰からも不満はありません。楽しんで交流しました。やがては、ビジネス面でも、沖縄人の本領を発揮するときがやってくるでしょう。

わたくし、白酒はNGですが、老酒ならぐいっといけます。ただし禁酒中の身。

今朝は午前中から蘇州に移動して、広大な工業団地をぐるっと視察した後、そのまま上海に戻ります。実質的な視察最終日です。


|

« 米国系企業が数百名単位でIT技術者を根こそぎ奪っていく | Main | 杭州ハイテク技術産業開発区は民間主導 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/17001006

Listed below are links to weblogs that reference 中国で最後まで泡盛を呑む人々:

« 米国系企業が数百名単位でIT技術者を根こそぎ奪っていく | Main | 杭州ハイテク技術産業開発区は民間主導 »