« 管理≠マネジメント | Main | 多産多死の県 »

婉曲に表現したら日本人の責任回避だと嫌われた

日本語で書くと、ぜんぜん駄目です。
僕は日本人ですが、英語で書いたレポートの方が論理的かつ簡潔に表現できます。日本語で書くと、ぜんぜん駄目です。
(米国留学経験のある日本人)

日本人から中国人技術者に不具合を連絡する場面より。


「問題となった画面表示とDBの不整合について。仕様書ではそう書いていますが、×××××とすべきではないでしょうか?」


依頼側の日本人は中国人技術者の面子を配慮して、婉曲に不具合の原因を伝えたつもりだった。ところが、この指摘を受けた中国人技術者は、この言い方は日本人の責任回避だと不満を漏らした。


■成功の勘所

オフショア開発では、読み手を意識して、相手国の言語に翻訳されることを前提に文章を書こう。外国人に伝わる文章のコツは、コンテキスト(文脈)ではなく、コンテンツ(内容)を充実させること。

|

« 管理≠マネジメント | Main | 多産多死の県 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 婉曲に表現したら日本人の責任回避だと嫌われた:

« 管理≠マネジメント | Main | 多産多死の県 »