« 効率が10倍アップする新・知的生産術 | Main | 「言語技術」が日本のサッカーを変える »

年末年始カレンダーを知っていますか

中国国家法定休日調整案
国務院弁公廳より、2008年度の中国の休日のスケジュールが発表された。先日発表された新規定により、新たに休日の日程が設定されている。また、7日間の連休の取り方も、これまでと少し替わっているので注意が必要だ。
(お友達の掲示板より)

正月休みから来年にかけての中国のカレンダーを確認しよう。情報提供者はいつもお世話になっているマイミクさん。


元旦:2007年12月30日~2008年1月1日(3日間)

1月1日(火)は法定休日。12月30日は日曜日なので、12月29日(土)の休みを12月31日に移動させて、3日間の連休とした。よって12月29日は振り替え出勤。


春節:2008年2月6日~12日(7日間)

2月6日は春節の大晦日(除夕)、2月7日(春節)、2月8日(正月初二)で休み。2月9日(土)、2月10日(日)は通常通り休みとなり、2月11日(月)と2月12日(火)は、2月2日(土)と2月3日(日)を振り替え出勤にして休みとする。


労働節:2008年5月1日~5月3日(3日間)

5月1日は労働節で休み。5月2日(金)は5月4日(日)を振り替え出勤にして休みにする。5月3日(土)は休み。


国慶節:2008年9月29日~10月5日(7日間)

10月1日、10月2日、10月3日は国慶節休み。9月27日(土)、9月28日(日)は、9月29日(月)、9月30日(火)へ休みを振り替え、土日が出勤となる。10月4日(土)、10月5日(日)は休み。


■成功の勘所

中国国家法定休日調整案のポイントは、5月の大型連休がなくなったこと。その代わりに、小さな連休が増えたこと。

※本誌発行人による事実の裏づけは行われていません。
参考になる情報提供をお待ちしています。

追加情報、公式サイト、間違い訂正など→ mailmag@ai-coach.com

|

« 効率が10倍アップする新・知的生産術 | Main | 「言語技術」が日本のサッカーを変える »

Comments

うちも来年のカレンダー決まりました。

今年よりなんと8日増(前年253日→242日。日本と同じ)で、
総経理から発表があった時のマネージャの笑顔は忘れられません(笑)

ふと『日本と中国で同じ出勤日は何日だろう?効率落ちるのでは?』と心配になりました。
そこで、日本と中国が両方出勤している日を調べてもらったところ、221日でした。
これに時差で1時間の就業時間のづれがあることを考慮すると

(同時出勤日/総出勤日)×同時就業時間/標準就業時間
= 221/241×7/8
= 80.2% ←同時就業時間率

と、なりました。
つまり、日本国内で同じカレンダー/就業時間で働くのと比べると、
20%は異なる時間帯に働いていることになり、
不問にするには、大きすぎるロスだと感じました。(主にコミュニケーション)

ちょうど就業規則を改訂してる最中だったので
『朝8時出勤にしてはどうか?』と提案したら、
全員に苦笑いされました(^_^;)

Posted by: かつ | December 26, 2007 07:50 PM

地球の裏側でオフショア開発すると、時差を利用して24時間ずーっと開発が進行すると信じられてきました。実際には、オフショア開発しても「工期は短縮されない」が共通認識です。

オフショア勤務3交代制を成功させた事例があれば、ぜひ参考にしたいです。システム開発業界に夜間シフト制があってもよさそうですが、コミュニケーションロスが大きいので、実現しないのでしょうか。夜行性の技術者を何人も知っているので、希望者を募れば夜間シフトも実現可能だと思いますが^^。

Posted by: 幸地 司 | December 29, 2007 11:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 年末年始カレンダーを知っていますか:

« 効率が10倍アップする新・知的生産術 | Main | 「言語技術」が日本のサッカーを変える »