« リニューアル計画 | Main | カントリーマアムは3個まで »

オープン・クエスチョン(Open Questions)にイライラ

オフショア開発でコーディング規約が守られません
なぜ、中国では明確な規約すら守らないのでしょうか。

・規約を理解していないから   (6票) 19%
・違反しても罰則がないから   (2票) 6%
・規約の重要性を知らないから  (20票) 63%
・当社ではちゃんと規約を守ります(2票) 6%
・その他 (2票) 6%

○途中結果を見る(コメントボードが盛り上がっています!)


(アンケート途中結果)

2008年3月創刊予定のオフショア開発専門誌編集会議より。


聞き手:本誌発行人  話し手:中国駐在の日本人マネージャー

――オフショア開発では、日本側のQ&A回答遅延が数多く報告されています。

・初めて中国オフショア開発に携わった頃は、大半の質問がオープン・クエスチョン(Open Questions)でした。Yes/Noで答えられない自由度の高い質問で「○○はどうしますか?」という形式です。「ちょっとは自分で考えろ! こっちも忙しいんだ!」と何度となく
思いました。


――それは確かに辛いですね。どのように問題解決しましたか。

・クローズド・クエスチョン(Closed Questions)を使いました。質問側の負荷が高くなりますが、回答側の負荷は大きく低下します。大半の回答はOKの一言で完了しますし、Noの場合も相手の考え方・理解度がよくわかるので説明が容易です。Q&Aに関しては、日本側がボトルネックになることが多いので、このやり方は効果的です。


■成功の勘所

巷でよく言われるQ&A遅延の以下の対策について答えなさい。

「一定期間経過しても回答がなければ承認とみなす」

問1 この対策が機能するための前提条件を挙げなさい。
問2 この対策は、初めてのオフショア開発でも有効だろうか?
問3 Q&A回答期限は、どれくらいが適当か?

○あなたの答えをコメントボードに記入しなさい(匿名可)

|

« リニューアル計画 | Main | カントリーマアムは3個まで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オープン・クエスチョン(Open Questions)にイライラ:

« リニューアル計画 | Main | カントリーマアムは3個まで »