« 空手、古武道 | Main | 男の冷え性、湯たんぽに望みを託す »

中国語に「躾」という字はない。整理・整頓から始めよう

Shitsuke

工場も事務所も改善は5Sから
5S(ゴエス)とは、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾」の5つの頭文字をとって呼んでいるものです。躾とは、決められたことを正しく守ること、習慣づけです。中国語に「躾」という字はありません。
(改善コンサルタント/日本人)

ある中国オフショア開発ベンダで5Sの導入を試みたが、見事に失敗した。失敗した原因は「ISO導入の失敗と同じ」といえば、ほぼ察しがつくだろう。

日本人の5Sコンサルタントは、現場最前線のプロジェクトメンバーを相手にせず、日本語が通じる総務部の女性スタッフを丁寧に指導した。小さく始めて、徐々に横展開する作戦だ。

指導を受けた女性スタッフは今でも会社に残っている。だが、開発現場は何も変わっていない。中国製造業の事情に明るい改善コンサルタントの友人は、いきなり「躾」は難しいので、まずは整理・整頓から着手してはどうかと提案する。

■成功の勘所

製造業のお知恵を拝借。

5Sの整理・整頓を持続させるため、そして忘れないためによくやるのが、beforeとafterの状態をしっかり記録すること。簡単な話、写真を撮っておけばよい。そのときに定点観測と言って、同じ場所から写真を撮るのがポイントである。


|

« 空手、古武道 | Main | 男の冷え性、湯たんぽに望みを託す »

Comments

中国語に「躾」という字がなぜないかと私も不思議と思いました。辞書を引いて、第2級漢字に出ました。「躾」:発音はMei。意味:教育、教养、管教
日本語とほとんど同じ意味です。
この字を読むと、身を美しくする意味が取れます。とてもいい文字です。良く使われる第一級漢字(3000ぐらい)に入ってないので、ほとんどの中国人もわからないです。
実はしつけのやり方は孔子時代で提唱されたので、元々中国教育の伝統のはずなのに、近代文化に見落とされたのではないでしょうか。日本から逆輸入することは大至急なことだと私は思っています。

Posted by: レイコ | January 10, 2008 at 11:14 AM

初めて職場を経験するときに5Sを教わってもらいましたが、結局は今まで一番簡単な本やペンなどの整理・整頓さえ出来てないです。
会議のメモは殆どとっておりませんし、清掃・清潔は基本的に頭に無い現状です。
とは言いましても、仕様書やメール整理はある程度満足できるレベルになった感じです。
コンサルタントさんがどんな導入を図ったかは分かりませんが、机の整理清潔などから始めたとしたら失敗するに間違いないかと思います。
自分の作業現場が写真取られたりするのは大嫌いです。仕事がうまくいけばそれでいいだろうと思う方ですので。

Posted by: Park yongjin | January 10, 2008 at 12:15 PM

「躾」という漢字の由来を調べました。やはり和字だそうです。日造漢字と呼ばれています。
逆輸入されていますね。(^O^)
きっと流行ってくると思います。

Posted by: レイコ | January 10, 2008 at 01:05 PM

レイコさん、コメントありがとうございます。5Sの「躾」はマネジメント的要素が強いようですね。「躾」には知識+αの要素が含まれているのですね。+αとは行動かな。

Posted by: 幸地 司 | January 10, 2008 at 03:09 PM

> 自分の作業現場が写真取られたりするのは大嫌いです。仕事がうまくいけばそれでいいだろうと思う方ですので。

Park yongjinさん、興味深いコメントです。ありがとうございます。

ホワイトカラーのITエンジニアにとって、外野からごちゃごちゃ言われるのは嫌とのこと。

そういえば、自分の研究所時代を思い出しても、確かにそんな感覚を持っていました。

Posted by: 幸地 司 | January 10, 2008 at 03:11 PM

ソフトウエア業界で5Sを取り入れて、しかもうまく運用している会社ってありますか? 前にどこかで書いたことがありますが、私は訪問した会社のトイレと会議室をみて、その会社の品質意識を判断します。

VIPを通す応接室が汚いのは論外ですが、社内利用が多い会議室が散らかっているとがっかりします。役所や大学は、その辺NGですね。段ボールやファイルが山積み、部屋の角に不要な椅子が乱雑に置かれていると、「倉庫で打ち合わせですか?」と心で苦笑いします。インク切れもご法度ですね。

反対に、ホワイトボードのペンや黒板消しがテープで区切られた枠内にきっちり収まっている姿を見ると、安心します。

Posted by: 幸地 司 | January 10, 2008 at 03:15 PM

>ソフトウエア業界で5Sを取り入れて、しかもうまく運用している会社ってありますか?
この質問は多分誰でも答えられないのでしょうかと思いますが。逆に、「倉庫で打ち合わせですか?」のように、5Sは全くしないで、うまくいく会社がいますかを聞きたいです。
私の理解では5Sが形式ではなく、人(会社)の意識、品格、教養の反映です。品格のいい人であれば、落ち着く製品が作れる安心感、信用性を人に与えます。実もそうだと思います。5Sの導入は実に会社の品格を上げる活動だと思います。

Posted by: レイコ | January 11, 2008 at 08:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/17637360

Listed below are links to weblogs that reference 中国語に「躾」という字はない。整理・整頓から始めよう:

« 空手、古武道 | Main | 男の冷え性、湯たんぽに望みを託す »