« 開催予告!オフショア開発PRESS創刊記念セミナー | Main | 2月オフショア開発勉強会します »

見切り発車+手戻り=反復 (イテレーション)

UMLを熟知しているとは
ベトナムでは上級エンジニアとしか会っていませんが、欧米の仕事をやっているせいか、UMLを熟知しているとの印象を持ちました。中国では言葉しか知らないというようなことでも、ベトナムはよく知っているな、と感じました。
(日本初の業界専門誌『オフショア開発PRESS』座談会より)

UML(Unified Modeling Language)とは、オブジェクト指向で設計されたモデルを表記する手法のこと。UMLは、日本だけではなく世界中で利用されるプログラム設計図の業界標準である。

最近では、「UMLを使ってアジャイル開発に取り組んでいます」と誇らしげに語る中国ベンダも珍しくない。興味を持って詳しく突っ込んでみると、実は「反復 (イテレーション)」の意味を誤解していたなんてことも少なくはないが・・・。

・見切り発車+手戻り = 反復 (イテレーション)??


■成功の勘所

あなたは、自社のオフショア開発でどれくらいUMLが活用されているかを正しく理解しているだろうか。言葉だけ「知っている」と「実践している」は全く違う。

・クラス図とシーケンス図を書いた=UML活用??
・言語仕様を知っている=技術力がある??
・COBOLな日本人がオブジェクト指向っぽい設計書を渡したら、オ
 フショア側で詳細設計書を一から作りなおし??


       ■■アンケートに答えよう■■


☆オフショア開発で、UML(Unified Modeling Language)を活用していますか? あなたの身近な事例で回答してください

◆上流設計から流れるようにUMLを活用
◆ときどきクラス図等を描くだけ
◆活用していません(UMLを使いたいが)
◆活用していません(UML不要なので)
◆その他

○結果を見る
○コメントボード

締切:2008年02月24日23時00分
協力:クリックアンケート

|

« 開催予告!オフショア開発PRESS創刊記念セミナー | Main | 2月オフショア開発勉強会します »

Comments

上流設計から流れるようにしているが、UMLの本当な意味とは違って、クラス図等を描くだけになっています。これから活用したいとおもいます。
●ときどきクラス図等を描くだけ

Posted by: レイコ | February 19, 2008 at 01:54 AM

レイコさん、こんにちは幸地司です。

正直なコメントありがとうございます。UMLを活用したので、以前と比べて「□□□が改善されました」と具体的に自慢できるようにしたいですね。

たとえば、電子メールやQ&Aによる確認事項数が20%削減された、スカイプ通話時間が40%削減された、など。

あるいは、コード自動生成の割合が1.5倍増えた、業務フローチャートが全て廃止されたおかげで中国語翻訳の工数が40%削減されたのでブリッジSEが技術支援に集中できた、などの改善があると嬉しいです。

Posted by: 幸地司 | February 19, 2008 at 01:55 AM

umlと言っても私の場合5年前にシーケンス図、クラス図などを作ったりして、3ヶ月ぐらいumlを勉強したぐらいです。
こっちの場合は逆効果でした。アハハ
日本側がumlを知らなかったのが原因の一つでして、もう一つは最初から上流設計者が業務ロジックを詳しく知らない或いはユーザーとの打ち合わせによって修正が頻発したのがもう一つの原因でした。
無事に開発完了できるならそれで結構と思っておりまして、umlに拘りません。
「・クラス図とシーケンス図を書いた=UML活用??」ですが、uml活用とはuml関連全てを活用することを求めること自体であるなら活用を口にすることが出来ないでしょうけど。ほんの一部でも活用して効果があったら活用したといえるのではと思います。

Posted by: Park yongjin | February 20, 2008 at 03:36 PM

Park yongjinさん、こんにちは幸地司です。

> 5年前にシーケンス図、クラス図などを作ったりして、
> 3ヶ月ぐらいumlを勉強したぐらいです。

ずいぶん昔の話ですね。せっかくUMLを頑張ったのに逆効果とは残念です。上流設計者の意識が変わり、技術力を向上させないと本格的な活用は難しいかもしれませんね。

先日、東京でお会いしたインド人IT技術者(博士号取得)は、日本企業のオブジェクト設計の問題点を具体的に指摘されました。と同時に「なぜ、日本企業では、同じ人が設計から検証までの後工程まで全て担当するのか?」と疑問を投げかけました。

セル方式と流れ作業方式。

どちらも一長一短だと思いますが、前出のインド人IT技術者は、オフショア開発するなら「分業」が当たり前だと強く主張されます。

Posted by: 幸地 司 | February 20, 2008 at 05:22 PM

Park yongjinさん、こんにちは幸地司です。

> ほんの一部でも活用して効果があったら活用したといえるのではと思います。

よろしければ、差し支えない範囲で、もう少し具体的な説明をください。UML活用の効果を判断できないので。

2008年3月27日、東京で開催されるオフショア開発PRESS創刊記念セミナーでは、オフショア大學教授でUML第一人者の1人の□□様が「UMLは中国オフショア開発でどのように活用されているか」と題して講演されます。

楽しみですね~。

Posted by: 幸地 司 | February 20, 2008 at 05:22 PM

使いたいですが、発注側が対応できていません・・・。

Posted by: かつ | February 21, 2008 at 10:08 PM

発注側が対応できないというコメント、非常によくわかります。
4、5年前に比べると、ずいぶんUMLで記述された設計書も増えてきたように思いますが、業務システムを開発する場合、客先に納品する設計書がUML不可ということも多いので、結局、UMLで記述する部分というのは限定的になってしまっています。

今のところ、UMLを適用した仕様書を提供したことによって、何らかの工数が削減できた、と実感したことは無いのが正直なところです。(恥ずかしながら)

Posted by: ひろせ | February 22, 2008 at 09:35 PM

ひろせさん、こんにちは幸地司です。

昔からオフショア開発をやっている会社は、日本式の古い開発スタイルに適応しています。今はそれでいいのですが、今後、本格的にオブジェクト指向開発が要求される状況になると今のやり方でいいのかという疑問があります。

オフショア大學の討論会で「中国でUMLは意外に知られていない」という発言がありました。

また、コンピュータテクノロジーというのは、やっぱりアメリカですすが、中国政府あるいは中国人民は、アメリカ対してネガティブな感情をもつため、文化を受け入れにくいとの声もあります。オープンソースにしても、UMLにしても、コミュニティができたのは、アメリカが早いのは事実。

「中国は、USAよりもドイツやフランスからのほうが、文化を受け入れやすいようです。コンピュータテクノロジーなども、ヨーロッパから入る方が多い」

これって、本当ですか?

Posted by: 幸地 司 | February 24, 2008 at 10:27 PM

はじめまして、シュウと申します。
よろしくお願いします。

私は長い時期を渡して、BSEとして仕事をしています。日本人は中国人に対する不信感を持っている傾向があると思います。プログラムの段階で仕様書の不備が多く発覚されたでも、設計の担当者は設計ミスに対する認識が甘いままケースも少なくなりません。設計のミスより手戻り作業を発生しても、発注方として強気もぜんぜん変わらないケースも良く見られます。

Posted by: シュウ | February 24, 2008 at 10:30 PM

umlの効果に関しては実際のプロジェクトで活用できたと言い切れるケースがありませんので、自分勝手に理解して「ほんの一部でも活用して効果があったら活用したといえるのでは」のような発言をしました。すみません。
「中国は、USAよりもドイツやフランスからのほうが、文化を受け入れやすいようです。コンピュータテクノロジーなども、ヨーロッパから入る方が多い」ですが、やはりusaからの方が多いかと思います。「中国政府あるいは中国人民は、アメリカ対してネガティブな感情」ですが、今まで受けました教育の中でアメリカを憎んだりするような内容はあまり無かったと思います。
「中国は、USAよりもドイツやフランスからのほうが、文化を受け入れやすいようです。コンピュータテクノロジーなども、ヨーロッパから入る方が多い」 ですが、内容によるでしょうけど、普通はアメリカから直接入れる方が多いと思います。文化は範囲が広すぎますので、判断できないのもありますが、映画・ドラマ等ならusaからの者が多いです。もちろん、インターネットでdlしたりするぐらいですけどね。ドイツ語やフランス語を勉強したがる人数が少ないのもあるでしょうけど。

Posted by: Park yongjin | February 26, 2008 at 01:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/40168563

Listed below are links to weblogs that reference 見切り発車+手戻り=反復 (イテレーション):

« 開催予告!オフショア開発PRESS創刊記念セミナー | Main | 2月オフショア開発勉強会します »