« 社長御用達三点セット | Main | 「オフショア開発PRESS」見本完成 »

「用語集」の整備はカタカナ対策になるか

「カタカナ英語」を減らして、漢字もしくは英語で書くべき?
どちらが理解すべきか、という観点で言うなら、受注者側で理解してもらいたいなぁと思います。当然、発注側も、辞書的なものを整備する必要があると思います。用語集というのでしょうか。
(読者アンケート掲示板より)

○アンケート途中結果を見る

日本の仕様書から「カタカナ外国語」がなくなることはない。恐らく、激減することもないだろう。そこで、カタカナを許容する前提で用語集の必要性がうたわれる。

先日の上海オフショア開発勉強会でも、用語集の必要性を議論した。実際に、多くの開発現場で用語集を準備しているが、いくつかの問題がすぐに思い浮かぶ。

・用語集作成の費用を誰が負担すべきか?
・用語集を更新する適切な頻度は?
・用語集を更新することで得られる個人的な報酬は?


■成功の勘所

用語集を作成するにせよ、結局のところ同じ悩みに行き着く。どこまで用語集に登録すべきか、その判断が難しい。あなたは、下記のカタカナ外来語を用語集に登録するだろうか。

「パフォーマンス」「エンハンス」「タイミング」「アプリ」

もし用語集に登録するつもりなら、それぞれどのように翻訳するか。


|

« 社長御用達三点セット | Main | 「オフショア開発PRESS」見本完成 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「用語集」の整備はカタカナ対策になるか:

« 社長御用達三点セット | Main | 「オフショア開発PRESS」見本完成 »