« アイコーチ事務所移転のお知らせ | Main | PRESS公式サイト制作中 »

市場価値が下がる非技術系の日本語人材

【相談】通訳者としての仕事が減ってきた
うちの会社は最近、社員の日本語教育にとても力を入れています。そして、だんだんその効果が見え初めて、日本人とスムーズに交流できる技術者は少しずつ多くなってきて、私も通訳者としての仕事量が少なくなってきました。
(大連/中国人読者)

●中国にお住まいの文系読者から、珍しい相談メールが届いた。


-------- Original Message --------

幸地様

私は、大連ソフトウェアパークのある□□系ソフトウェア開発会社に通訳として勤めております。うちの業務の大半は、日本向けのオフショアソフトウェア開発です。日本人友達の紹介で、1年半前から幸地様のメールマガジンを読み始めました。今は、日課として毎日読んでいます。

ただの通訳者ですので、ご紹介された知識や経験などを実践するチャンスがあまりないですが、とても面白くて勉強になります。

今、悩んでいることがあります。

うちの会社は最近、社員の日本語教育にとても力を入れています。そして、だんだんその効果が見え初めて、日本人とスムーズに交流できる技術者は少しずつ多くなってきて、私も通訳者としての仕事量が少なくなってきました。

うちの会社だけではなく、ソフトウェアパークのほかの会社も技術者の日本語教育をとても重要視しています。すぐとはいえないが、近い将来自分が日本語だけで食べていけなくなるのではないかととても心配しています。

実は、今も通訳兼アシスタント、雑用係の形ですが、本当にどう進めていくべきかよく分かりません。ご指導をお願いできますでしょうか。

                    (大連/中国人読者)


■成功の勘所

相談者は真剣に悩んでいるようである。相談者の友人になったつもりで、親身な立場で助言を贈ろう。


☆大連で、主に通訳兼アシスタントとして働く非技術系の日本語人 材の市場価値は、次第に下がるだろうか?

◆市場価値は下がる
◆市場価値は上がる
◆その他

○結果を見る
○コメントボード


締切:2008年03月18日23時00分
協力:クリックアンケート

|

« アイコーチ事務所移転のお知らせ | Main | PRESS公式サイト制作中 »

Comments

かつて英語市場で起きたことが、中国語市場でも起きていると思います。むかし、英語で教える大学院に勤めていましたが、「英語はできるけど、話す内容がダメ」という学生はいい就職はできませんでした。今は、日本人に中国語、外国人に日本語を教えるかたわら、政治学・マカオ史・国際理解などの授業をし、卒業予定者の就職支援もしています。最近は、「語学はだめでもSE資格あり」とか「中国語も英語もいまひとつだが、外国人とすぐ友達になれ、国際関係の知識が豊富」という学生の就職が良くなっています。最近の授業での口癖は「中国語が上手なだけできだめ。語学で勝負するならネイティブレベルになるか、いっそのこと広東語か上海語も、普通話のほかに、覚えること」とか「語学なんか下手でも問題解決力と技術を」
です。

Posted by: 塩出浩和 | March 11, 2008 at 12:06 PM

ただの通訳であるならばそのうち不要になるでしょう。
付加価値があればそれなりの需要はあるのではないでしょうか?
言葉だけではなく、日本の文化や考え方、ビジネス等の
側面からサポートできるコンサルタント的な要素が必須ではないでしょうか?

Posted by: 田畑良一 | March 11, 2008 at 12:08 PM

市場は常に動く、市場価値下がるのはこの動きを無視する人。自分の価値を心配し始めた時点で、もう勝ち組決定。後は努力したいでしょう。

一つの可能性として、マネジメント系へのシフトは如何でしょうか?もともと通訳はコミュニケーションのプロで、プロジェクトマネジメントにとって、技術よりもずっと大事な能力がもっていることですから。

Posted by: 張小東 | March 11, 2008 at 12:09 PM

うちの会社では通訳の中の優秀なやつはだいたい2年ぐらいでやめるか、開発へ異動するのです。やめるやつは日本へ留学に行ったり、在中国の日本大手企業に転職したりするし、開発へ異動するやつもブリッジSEやPJリーダとして大活躍しています。それで、通訳を勤めたことは大変良い経験だったと皆が言っています。\"市場価値\"とは何なのかわかりませんが、個人の価値に関しては飽くまでも個人の努力次第だと思います。

Posted by: 張 | March 11, 2008 at 12:10 PM

塩出浩和さま、こんにちは幸地司です。

就職活動を迎える学生にとって、語学力は必要条件だけど、十分条件ではないとのご意見ですね。

ところで「よい就職」と「悪い就職」の違いは何ですか。元の相談者にとって「よい転職」と「悪い転職」について考えるきっかけとなれば幸いです。

Posted by: 幸地司 | March 11, 2008 at 12:11 PM

田畑良一さま、こんにちは幸地司です。

> ただの通訳であるならばそのうち不要になるでしょう。

「そのうち」というのは、どれくらいの期間だと思いますか? 私には、日本人IT技術者から英語力を伸ばす意思が感じられないため、今後10年くらいは「ただの通訳」でも大活躍するのではないかと考えています。ましてや、中国語をしゃべる日本人SEが激増するとは思えないし。

国際ビジネスの場で、自分の意思や感情をはさまない「ただの通訳」がいると嬉しいかも!? しかし、今後、日本語能力検定2級な中国人IT技術者が増えると、「ただの通訳」さんの給料は3,000元/月で頭打ちになるかもしれませんね。

Posted by: 幸地司 | March 11, 2008 at 12:12 PM

張小東さま、こんにちは幸地司です。

> 一つの可能性として、マネジメント系へのシフトは如何でしょうか?

正論だと思います。ところで、マネジメント系を強化するためには、具体的に何から着手すればいいでしょうか。


> もともと通訳はコミュニケーションのプロで、プロジェクトマネジメントにとって、

ちなみに、私は、中国オフショア開発の現場で専門教育を受けた「通訳」に出会ったことがありません。実際には、どうでしょうか? 日本語学科出身者のうち、どれ位の割合の人が専門的な通訳者の訓練を受けているのでしょうか?

Posted by: 幸地司 | March 11, 2008 at 12:14 PM

張さま、こんにちは幸地司です。

> うちの会社では通訳の中の優秀なやつは
> だいたい2年ぐらいでやめるか、開発へ異動するのです。

貴重な情報です。ありがとうございます。情報系出身ではない”通訳”が開発に異動することがあるのですね。日本企業では普通ですが、中国企業では珍しいような気がします。このような転身の例は、他社でもありますか?


張さまの周囲では、優秀でない通訳はどのような運命をたどるのでしょうか。クビですか。ずっと雑用&アシスタントに甘んじる。それとも、IT業界をあきらめて、異業種に転職ですか。


> ”市場価値”\"とは何なのかわかりませんが、

この掲示板では、”市場価値”は「転職のしやすさ」や「給与額」だと思って議論しましょう。

Posted by: 幸地司 | March 11, 2008 at 12:15 PM

一応私も通訳から始めました。これからpmを担当するつもりです。ソフト業界に転職してからすぐ開発に移動しましたが、マネジメントへのシフトはいまいちである感じです。開発への移動は個人次第でして特に日系企業に限らないと思います。
通訳やオフショア業界に限りませんが、職場でうまくいかなかったりしたら自ら身を引くか首になるかでしょう。
chinahrでの報告を見ると日本語通訳の給料は2000~5000でした。通訳さんのレベルによるものですので、3kで良しのようなことは無いと思います。
確かに通訳は技術者が日本語をしゃべれるとしてもいたら有り難いケースが多いでしょう。アハハ
日本語学科出身が専門的な通訳訓練を受けているかは
分らないところです。訓練を受けたから必ずうまいというわけではないでしょうから、case by caseだと思った方が安全だと思います。日本語学科出身では有りませんので、こんなことは返答するべきでは無いでしょうけどね。

Posted by: park yongjin | March 11, 2008 at 12:17 PM

そもそも低いレベルの通訳職の目標設定は問題あると思います。C言語だとしでも日本語だとしでもツールにすぎないのです。C言語分かる、書ける人はいいソフトウェア作れるとは限らないと同様に日本語できでも売れる小説書けるとは限らないですから。ものを作るのはツールではなく、人です。あるツールを極めて簡単に到達できないレベルを目指すなら話は別ですが、だれでも1年、2年、せいぜい3年努力すればできるレベルなら、追い越されるのは時間の問題だ。
何々語できるから食べれるという考え方自体は間違いだと思います。

Posted by: 中国出身技術者 | March 11, 2008 at 07:25 PM

中国系の会社の日本法人で働いている、日本人SEです。私は文系の大学(中国語専攻)出身、手に職をと思って日系のソフトウェア会社に就職したあと、やはり中国語を使いたいと思って今の会社に就職しました。相談者の方とは海を挟んで少し似た立場かもしれません。

今、私がやっているプロジェクトでは、通訳さんは使っていません。ちなみに、要件定義と基本設計(わりと細かいレベルまで)は日本側で、詳細設計と開発は中国(一部は日本)、保守と運用は日本、という形の業務系アプリケーションオフショア開発です。
中国の開発チームは、日本語の仕様書をそのまま読んで、開発しています。プロジェクト参加前に、しばらく日本語講習(会話ではなく、読解を中心に習っていたみたい)に参加していたので、何とか読めるとのこと。日本側スタッフも中国語が話せます。

もちろん会社やプロジェクトの規模、人員構成にもよると思いますが、通訳なしでもプロジェクトが回ってしまうので、市場価値は下がるんじゃないかなあと思っています。
でも「中国側で日本語のできる人はいらない」ってわけでは全然ないです。日本語でお客さんに提出できるようなドキュメント(プロジェクト管理や報告資料、議事録など)が作成できる方がいてくれたらうれしいです。
「技術を身につければ市場価値が上がる」とは言っても、もともと興味がないと、身につけるのは大変だと思います。いくら身につけても終わりがないし・・・。それより、今の仕事の中で、語学以外の仕事で得意なことを増やしていくのが大事かな?と思います。
まとまりのない長文で失礼しました。

Posted by: 千芝 | March 12, 2008 at 01:11 PM

私がもともとの相談者です。皆さんからたくさんのコメントと貴重なご意見をいただいて、本当にありがとうございました。
実は、今も日本語でなんとなく交流できる技術者が増えていたので、すでに通訳の仕事が減っていました。通訳としての仕事は自分の仕事量の50%しか占めていません。ほかのは、会議室の予約や、議事録を取ることとか、各種レポートのデータ収集など、雑用といってもかまわないほど、誰でもできる仕事です。
技術へ変身するのは、年齢的にはもう間に合わないと思います。皆さんのコメントを読んで、今後品質管理職の方向にがんばりたいと思います。

Posted by: 元相談者 | March 13, 2008 at 02:17 AM

park yongjinさま、こんにちは幸地司です。

> chinahrでの報告を見ると日本語通訳の給料は2000~5000でした。
> 通訳さんのレベルによるものですので、
> 3kで良しのようなことは無いと思います。

今のオフショア開発の現場では、日本語通訳は儲からない、辛い仕事だと認識されているのでしょうか?

たまに、日本語学科を卒業したばかりの女の子を「通訳」と称して会議に参加する経営幹部がいます。ところが、通訳と会話が成立しないことが多く、かといって経営幹部は中国語しか分からない・・・となると、かなり落胆します。


Posted by: 幸地司 | March 13, 2008 at 02:19 AM

中国出身技術者さま、こんにちは幸地司です。

> だれでも1年、2年、せいぜい3年努力すればできるレベルなら、
> 追い越されるのは時間の問題だ。

学校で3年間勉強しただけの知識は、あまり役立たないと思います。ですが、今の中国社会では、業務で3年間努力し続けて得られた能力は、それなりに貴重だと思いますが、いかがでしょうか。

ある友人によると、日系企業で秘書業務を担当すると、その人の市場価値が高騰するらしいです。年配の日本人に対するビジネスマナーが重用されるのかしら。

Posted by: 幸地司 | March 13, 2008 at 02:20 AM

千芝さま、こんにちは幸地司です。

> 日本語でお客さんに提出できるようなドキュメント(プロジェク
> ト管理や報告資料、議事録など)が作成できる方がいてくれたら
> うれしいです。

同感。

下手な通訳でも、会話ならその場の雰囲気で何とか意思疎通できますが、文書はごまかしが利かないので難しいかもしれません。特に、顧客に提出するドキュメントならなおさら。

社風によるかもしれませんが、細かい日本語の表現にこだわるお客さんって、いますよね。あれには、困っちゃいますね。

Posted by: 幸地司 | March 13, 2008 at 02:21 AM

元相談者さま、こんにちは幸地司です。

> 技術へ変身するのは、年齢的にはもう間に合わないと思います。
> 皆さんのコメントを読んで、
> 今後品質管理職の方向にがんばりたいと思います。

ユニークな発想ですね。

昨今の食品安全問題から、日本では、中国企業の品質管理への不信感が高まっています。中国オフショア拠点の品質管理は、ますます重要視されるでしょう。ご活躍をお祈り申し上げます。

ところで、元相談者さんは、品質管理職の方向で頑張るために、何から着手しますか。品質管理職に必要な能力を高めるには、どんな努力が有効だとお考えですか? 差し支えなければ、お考えを教えてください。

Posted by: 幸地司 | March 13, 2008 at 02:23 AM

オリンピック景気で観光とかが増えればと思います。
市場価値は上がる

Posted by: 奥田弘毅 | March 13, 2008 at 04:49 PM

各会社の技術者採用条件もとても日本語重視で、さらに、通訳者自信の業務への勉強意欲も影響があるでしょう?
品質管理か、営業への転換のが解決策の一つでしょうか?

Posted by: 呂琳 | March 13, 2008 at 04:51 PM

例えば、ある中国事業所で事務員を5人、月給1000元で雇います。(高卒)
その事務員に、日本語が使えると給料が倍以上になるという話と、日本語を学ぶ機会(社内講習会他)を与えると、1年後には、1人か2人は日本語がペラペラになります。
3人は1000元のままで、2人は数千元になるわけです。
これは、実際に起きている話です。
語学は低賃金から抜け出すスキルになっても、高額所得を得るスキルにはなり得ません。

Posted by: ピロ | March 13, 2008 at 04:53 PM

内陸部の、100%外資の子会社では、要件定義、基本設計所、標準化資料は翻訳してもらい、詳細設計書は日本語のまま、単体テスト仕様書は開発者に日本語で書いてもらいました。
通訳は複数人いるのですが、一人は総経理の秘書のような仕事をし、中国内の各企業、役所との折衝ごとをまかされています。
社内でも総経理の秘書として、総経理に話したい難しい話しは、その秘書を通すので、会社の実務のトップの形になっています。そういう人の市場価値は高いようで、声がかかっているそうです。
他の通訳さんは、われわれと開発者とのチャットに参加して、通訳をしてくれます。
仕様書や技術文書は、なんとか読めても、スピードを要するチャットでの対話の場合は、まだ、通訳さんが必要ですね。
どうしても、通訳としてはいるのは、若い女性で、とても技術や、日本のビジネスや業務を理解している人はいません。
なので、仕様の理解を現地の通訳さんには期待できないです。
たまたま、同じPJに日本在中で日本人といっしょに仕事している中国人社員がいたので、どうしても通じないときは、チャットに参加してもらって中国語で伝えてもらいました。

Posted by: えとう | March 13, 2008 at 04:54 PM

奥田弘毅さま、こんにちは幸地司です。

> オリンピック景気で観光とかが増えればと思います。
> ●市場価値は上がる

技術音痴の日本語通訳でも、IT業界の外で需要が高まるから市場価値は上がるとのご意見ですね。観光に限らず、飲食や娯楽などのサービス業で、日本語や英語人材が強く求められそうです。

接客能力が高い日本語通訳さんならば、銀座の百貨店あたりで大活躍するかもしれませんね。

Posted by: 幸地司 | March 13, 2008 at 04:55 PM

呂琳さま、こんにちは幸地司です。

> 品質管理か、営業への転換のが解決策の一つでしょうか?

通訳からプロジェクトマネージャーへの転身は難しいけど、品質管理なら可能だというご意見が多いですね。とても興味深いです。プロマネにはIT固有の技術力が欠かせないけど、品質管理には「IT固有の技術力は問われない」という認識があるようです。

Posted by: 幸地司 | March 13, 2008 at 04:56 PM

ピロさま、こんにちは幸地司です。

> 3人は1000元のままで、2人は数千元になるわけです。
> 語学は低賃金から抜け出すスキルになっても、高額所得を得るスキルにはなり得ません。

実例を挙げてご説明いただき、ありがとうございます。すっと、頭に入りました。

高卒でBPO会社に入社。まずは、日本語データ入力のオペレーターからスタート。発音教育を受けてコールセンター要員。特に優秀な人は、スーパーバイザーに昇格。その後は・・・・・・、いろいろ夢が膨らむ展開ですね。

日系企業の秘書ってだけで、5,000元もらっている中国人もいるそうです。中国で働く知人がぼやいていました。

Posted by: 幸地司 | March 13, 2008 at 04:57 PM

えとうさま、こんにちは幸地司です。

> 通訳は複数人いるのですが、一人は総経理の秘書のような仕事をし、
> 中国内の各企業、役所との折衝ごとをまかされています。

これって、完全に秘書の職務領域を超えていますね(^^;)。
中国の日系企業で秘書が重用される理由が分かるような気がしました。

 発音がきれい → 耳がいい → 歌が上手い →
 カラオケ盛り上げる → 日本人よろこぶ →
 ・・・
 → 商売繁盛

という流れで、発音がきれいな日本語人材を積極採用するという人がいます。あやしい発想ですが、妙に説得力ありました。

Posted by: 幸地司 | March 13, 2008 at 04:58 PM

減っていくのが現実だと思います。
ただ、実質的には需要は増えると思います。
日常会話なら問題無いですが、間違ってはいけない場面でのコミュニケーションでは中途半端な言語能力が危険です。
お互い通じていると思っていても実は通じていないことがあります。
直接的な通訳の仕事は減るかもしれませんが、会話がきちんと成立しているかをチェックする役割は重要だと思います。
ただ、話している本人達は会話が成立していると思っているので、必要性をわからせるのは難しいかもしれません。
耳が遠くなったお年より同士の会話を想像すれば、理解しやすいかもしれません。

Posted by: TMUNI | March 17, 2008 at 12:46 PM

TMUNIさま、こんにちは幸地司です。

> 間違ってはいけない場面でのコミュニケーションでは
> 中途半端な言語能力が危険です。

その通りですね。私も、オフショア開発の取材と称して外国人へのインタビューを頻繁に行います。日本語です。中国人が多いですが、最近はインド人も増えています。

インタビュー中は、互いにテンポよく会話が弾みますが、実際に文章にすると相手の意図が全く伝わっていないことにしばしば気がつきます。

さらに、会話の中で、信じられないくらい多くの矛盾を発見します。つまり、相手の言い分を適当に解釈して「はい」「そうです」などと気軽に返事するものの、後から平気で正反対の意見を述べます。

本人の頭の中では論理に筋が通っているかもしれませんが、母国語ではない言葉で会話するため、相手は混乱しまくりです。例えば、先日、横浜市経済環境局主催のオフショア講演会でこんな会話がありました。


中国人「中国企業にはノウハウが蓄積されない。・・・・」

日本人「先ほど、中国にはノウハウが溜まらないといいましたが、・・・」

中国人「いや、そんなことはありません」

日本人「だって、あなた、先ほど自分でそういったじゃないか」


中国人「中国人の個人にはノウハウは溜まらないが、組織には溜まる」

日本人「・・・・・・」

Posted by: 幸地司 | March 17, 2008 at 12:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/40447116

Listed below are links to weblogs that reference 市場価値が下がる非技術系の日本語人材:

« アイコーチ事務所移転のお知らせ | Main | PRESS公式サイト制作中 »