« ウイークリーニュースダイジェスト(2008/3/28) | Main | 沖縄2泊3日 »

熱気じわり ~オフショア開発PRESS創刊記念セミナー

Dscn3860
昨夜のオフショア開発PRESS創刊記念セミナーもおかげさまで大盛況。この業界では、おそらく過去最大級のイベントでした。

参加者63名に加え、招待客、プレス、スタッフ一同を加えると80名を超える関係者で会場は熱気ムンムン・・・
Dscn3864

Dscn3896

ムンムン?

実は、たまたま私は会場の最前列に座っていたため、背後の雰囲気を察することができず、いつもと比べるとざわつきが感じられませんでした。

ですが、セミナー終了後の名刺交換の長いこと。そして回収したアンケート用紙には文字がぎっしり。安心しました。最大120名収容の会場が私には大きすぎて、空気を読み違えたようです。取り越し苦労でした。
Dscn3887

Dscn3904

Dscn3914


肝心のオフショア開発PRESSの中身ですが、創刊号ということもあり、有料広告は一切ありません。しいていえば、オフショア大學の紹介記事が広告っぽいですが、裏表紙の邪魔にならない空間に遠慮気味に置いているだけです。

一部の人は、アンケート用紙で広告の少なさを指摘されました。お見事です。さらにマニアックな方は、技術評論社の他の雑誌よりも紙質がよいことをずばり言い当ててくれました。技術評論社の編集担当者は大喜びです。


参加者からオフショア開発PRESSの第一印象の声を集めましたので、ほんの一部を紹介します。


・少しページをめくったところ、かなりおもしろそうである。わくわくしている。早く読みたい。ぜひ、IT産業の向上、改善につながるよううなメッセージを発信してほしい。

・中身が充実していてこの価格(1,974円)は安いと思う。

・オフショア事情のトレンド等を伝える雑誌はなかったので、期待しています。早速、熟読させていただきます。第二弾以降も続刊されることを望みます。1,000円程度の価格であれば、個人のポケットマネーでも買いやすくなるのでありがたいです。

・全体的に茶色

・密度が濃く、大満足です。他のオフショア開発関係者にも読んでもらいたいと思わされるものです。

・内容が濃いせいか、ちょっと重い。少し張り切りすぎて、続くかどうか心配。

 ↑編集部一同、爆笑&ウンウンと頷き顔を見合わせる(幸地)


・予想以上に盛りだくさんの内容だった

・ついにオフショア開発の雑誌が出ましたね。オフショア開発自体がどんどん一般的になると嬉しいです。この本に救われる人は、たくさんいると思います。

・熱いメッセージ、心に強く届きました。今後も期待しています。

・知識なくしては何もできません。知識の上に経験が必要になるから役に立つと思います。異文化を体験すると、このような雑誌の良さが身にしみて分かります。期待しています。
Dscn3881

新雑誌の内容はこちらからご確認ください。
オフショア開発PRESS

|

« ウイークリーニュースダイジェスト(2008/3/28) | Main | 沖縄2泊3日 »

Comments

幸地さん。

八角研究所の福田と言います。
私のmixi日記にコメントありがとうございました!
よもやコメントを頂けるとは思っておらず、驚きました。

弊社としてもオフショア開発は今後増えていくと感じており、オフショア開発のプロジェクトの話をお客様から頂いたときにはすぐに「やります!」と飛び付きました。
弊社はオフショア開発未経験なので何かと大変であるとは思っているのですが、避けては通れない道だと思っています。
なのでオフショア開発PRESSのような雑誌が創刊されることはすごくありがたいです。

今後もセミナー参加や記事を読ませて頂くことになると思います。
今後ともよろしくお願いいたします!

Posted by: 福田真司 | March 29, 2008 03:00 PM

福田だーふくさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

よろしければ、アマゾンやmixiにオフショア開発PRESSの感想をお寄せくださいね。先日のセミナーで披露したように編集部は自信満々ですが、実際の現場の声を聞きたいので。

Posted by: 幸地 司 | March 30, 2008 11:01 AM

幸地 様

オフショアは新しいビジネス分野として確立しつつあり、専門家や研究者も増えていることをあらためて知りました。

私は既に退いた身ではありますので長いスパンでオフショアがどのように変化していくか見守りたいと思います。

Posted by: futoritaimon | March 30, 2008 03:21 PM

futoritaimonさん、コメントありがとうございます。

政治や人権問題とオフショア開発が関連付けられて、近い将来オフショア(offshoring)という言葉が一人歩きして、暗い意味を持つようにならないかと危惧しています。

ある種の人にとって、オフショアリングという言葉は国内空洞化やワーキングプアを連想させます。ですが、生産性向上からは失業や貧困は想像できません。

経済学的には、どちらも同じように作用することが多いのですが。

Posted by: 幸地 司 | April 01, 2008 05:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 熱気じわり ~オフショア開発PRESS創刊記念セミナー:

» オフショア開発PRESS創刊記念セミナー [ジャスダック上場までの軌跡 ≪日本―上海編≫]
本日はオフショアリングの中でも特にオフショア開発と呼ばれるシステム開発にフォーカスした専門誌「オフショア開発PRESS」の創刊記念セミナーに参加してきました。 約70名の方が参加されていたようですが、オフショア開発の専門家の方々の講演など参考になりましたね。 最近、ビジネス誌にてオフショアリングの特集を組まれることが多くなっていますが、左が「オフショア開発PRESS」です。 日本において、これからオフショアリングが一般化していくフェーズにとうとう突入していくんだと思います。 ... [Read More]

Tracked on March 29, 2008 10:46 AM

« ウイークリーニュースダイジェスト(2008/3/28) | Main | 沖縄2泊3日 »