« 5/12上海イベント、過去最大級になりそう | Main | 雨ですが、東京・品川で勉強会。資料39+5ページ »

最終納品ドキュメントは日本人が作る

疑念ぬぐえぬ中国の日本語ドキュメント
中国ベンダは、日本語の納品物を作れますか?
(よくある質問)

中国ベンダの日本語ドキュメント作成能力に関する質問は多い。中国オフショア開発では、メールやQ&A連絡などほとんどの意思疎通は日本語で行われる。

だが、最終顧客に納品する報告書の類については、常に心配がつきまとう。もし、あなたが日本人と同等な文章力を望むなら、最終校正を担う日本人を雇った方が手っ取り早い。

例えば、システム管理者向け保守マニュアルは中国ベンダが作成するが、システム利用者向けのユーザガイドは編集能力に長けた日本人が担当する。


■成功の勘所

あなたが、言葉や文化の壁でお茶を濁さないプロフェッショナルを目指すなら、次の4ステップを参考にして欲しい。

Step1.混沌
Step2.同化
Step3.融合
Step4.統合

中国ベンダに「日本人と全く同じ」を求める姿勢は、第二ステップの「同化」の特徴である。同化とは、どんな料理が出されても、味見する前に無意識のうちに醤油をかける行為に喩えられる。早死にする原因にもなるので、心当たりのある方は要注意。

「同化」は進化の過程に欠かせないプロセスだが、決して最終地点ではない。詳しくは、オフショア開発PRESS特集3参照のこと。
 
『オフショア開発PRESS』公式サイト

|

« 5/12上海イベント、過去最大級になりそう | Main | 雨ですが、東京・品川で勉強会。資料39+5ページ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/40912017

Listed below are links to weblogs that reference 最終納品ドキュメントは日本人が作る:

« 5/12上海イベント、過去最大級になりそう | Main | 雨ですが、東京・品川で勉強会。資料39+5ページ »