« 工事進行基準 | Main | オフショア大學サイト構築会議 »

定量的な品質評価が難しいので、特定状況でのみ動作確認

品質評価が難しいオフショア開発
定量的な品質評価が難しいソフトを扱っています。それでもオフショア発注できますか?
(よくある質問)

定量的な品質評価が難しいソフトであっても、オフショア開発は可能である。ただし、次のような失敗例があるので、該当する方は参考にして欲しい。

かつて、私は定量的な品質評価が難しいソフトウェアと5年間つきあってきた。OCRと呼ばれる画像認識技術である。一般に、検索や画像認識といった技術には正解があってないようなモノ。すなわち、定量評価がとても難しい(※)。

※人の笑顔を自動認識する技術に絶対的な正解はない
※文字認識技術で"ー","-","―"を区別する正解algorismはない


中国オフショア開発では、特定の状況下でのみ正しく動作する、いわゆる「お化粧プログラミング」の弊害が多数報告されている。オフショア開発PRESS でも、「直すのではなく隠す」と「テストの地獄スパイラル」といった事例を紹介している。

参考1:オフショア開発PRESS p31「直すのではなく隠す」
参考2:オフショア開発PRESS p105「テストの地獄スパイラル」
http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774134430/aicoach-22/ref=nosim


以下、余談。

長い目で見たとき、オフショア開発を失敗させる最大の要因は、無計画で継続性のない発注形態だと思う。

例えば、お試し発注と称して3ヶ月間のオフショア開発を実施する。その後、評価に2ヶ月間を要する。さらに1ヶ月の準備期間を経て、再び製造&単体試験を依頼する。これは、失敗するオフショア開発の典型例である。


■成功の勘所

中国オフショア開発では、特定の状況下でのみ正しく動作する、いわゆる「お化粧プログラミング」の弊害が多数報告されている。「納期遵守」絶対主義が招いた弊害だと指摘する声もある。

間接オフショア開発では、安全のために納期の前倒しが要求されるため、品質を犠牲にした”仮納品”が後を絶たないという。

|

« 工事進行基準 | Main | オフショア大學サイト構築会議 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 定量的な品質評価が難しいので、特定状況でのみ動作確認:

« 工事進行基準 | Main | オフショア大學サイト構築会議 »