« 沖縄尚学 | Main | 出版契約OK »

二重否定と勘違い

日本語が堪能な中国人SEに聞きました
「~するべき」と「~しなければいけない」は同じ意味だと思います。
(対日業務7年目の中国人SE)

対日業務7年目を迎える熱心なメルマガ読者の中国人SEに聞いてみた。


――「~するべき」と「~しなければいけない」の違いは?

◆私は同じ意味だと思います。


――Q&A連絡では、「~するべき」と「~しなければいけない」のどちらを好みますか?

◆私は「~するべき」の方がいいと思います。なぜなら、「~しなければいけない」は二重否定のように聞こえるため、日本語に不慣れな外国人はすぐに理解できないと思います。


――文脈によって、「~するべき」の強制力は弱まります。もうすぐ桜が散ってしまうので、明日までにお花見すべきよ。

◆確かにそうですね。具体例を挙げて説明してもらったので、その違いが分かりました。中国語でも、應該(ying gai) 一定(yi ding)必須(bi xu) などが使い分けられます。「我一定去」というべき場面で「我應該去」と言ったら、相手に失礼です。


■成功の勘所

日本語に不慣れな外国人は、「~しなければいけない」を二重否定だと思って、意味を理解するまでに時間を要することがある。

|

« 沖縄尚学 | Main | 出版契約OK »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 二重否定と勘違い:

« 沖縄尚学 | Main | 出版契約OK »